本塩沢

本塩沢(ほんしおざわ)とは、新潟県南魚沼市で織られる絹織物で、塩沢お召しと愛称でも呼ばれる。

始まりは江戸時代17世紀中期)と言われ、「越後上布(越後縮)」のような「シボ」の持ち味を絹織物に応用しようと、技術・技法を絹に生かした絹縮が前身である。1976年昭和51年)に経済産業大臣指定伝統的工芸品となっている[1]

の中で揉んでだす「シボ」立ちの独特な風合い、緻密な(かすり)模様が特徴である。

生糸を使用し、横糸に強い撚りをかけた強撚子(きょうねんし)を用いて、織り上げた後に湯もみをして作られる。湯もみによって、強撚子が戻る力を利用して「シボ」と呼ばれる、独特の地風を持つ絹織物となる。

さらりとした肌触りに、十字絣(じゅうじがすり)、亀甲絣(きっこうがすり)で構成された模様で、上品さと優雅さが魅力となっている。

脚注編集

  1. ^ 新潟県:本塩沢(ほんしおざわ) - 新潟県公式ホームページ

関連項目編集

外部リンク編集