メインメニューを開く

本朝食鑑

本朝食鑑』(ほんちょうしょっかん)は、人見必大によって江戸時代に著された本草書。12巻10冊。元禄10年(1697年)刊。

概要編集

本朝食鑑は日本の食物全般について、水部以下12部にわかち、品名を挙げて、その性質、能、滋味、食法その他を詳しく説明する。食鑑中の白眉とされる。平凡社東洋文庫所収。

脚注編集

外部リンク編集