メインメニューを開く

本荘村 (岐阜県)

日本の岐阜県稲葉郡にあった村

本荘村(ほんじょうむら)はかつて岐阜県稲葉郡に存在したである。

本荘村
廃止日 1931年4月1日
廃止理由 編入
現在の自治体 岐阜市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
稲葉郡
面積 2.47km2.
隣接自治体 岐阜市
稲葉郡三里村市橋村
鏡島村島村
本荘村役場
所在地 岐阜県稲葉郡本荘村
 表示 ウィキプロジェクト

区画整理により地名が変更されている場合もあるが、現在の岐阜市本荘町、本荘、本荘西、本荘中ノ町、豊岡町、富沢町、大池町、香取町、鹿島町、葭町、梅園町、久保見町、熊野町、吹上町、権現町、此花町、三ツ又町、島田西町、島田中町、島田東町、鍵屋東町、鍵屋中町、鍵屋西町、木ノ本町、南本荘一条通、南本荘二条通、南本荘三条通、南本荘四条通、千手堂中町、千手堂北町1 - 2丁目、千手堂南町、本荘字五反田 、本荘字角ノ後、本荘字鍵屋前などである。

地名の由来は、美濃国厚見郡平田荘(長講堂領荘園)の中心地であったという説がある。

歴史編集

  • 江戸時代後期、この地域は美濃国厚見郡であり、加納藩領であった。
  • 1872年明治5年) - 東鳥屋村、西鳥屋村、北鳥屋村が合併し、鳥屋村となる。
  • 1890年(明治23年)3月24日 - 鳥屋村が本荘村に改称する。
  • 1897年(明治30年)4月1日[1] - 方県郡の一部、厚見郡、各務郡が合併し、稲葉郡となる。本荘村は稲葉郡となる。
  • 1931年(昭和6年)4月1日 - 岐阜市に編入される。

交通編集

学校編集

神社・仏閣編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁
  2. ^ 1941年に開設された市民病院前駅も、旧・本荘村の駅になる。
  3. ^ 岐阜貨物ターミナル駅開業以前、岐阜駅で貨物取り扱いをしていた頃は、旧・本荘村に貨物用ホームが存在した。

関連項目編集