メインメニューを開く
岐阜県各務郡の位置

各務郡(かかみぐん)は、岐阜県美濃国)にあった

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

  • 岐阜市の一部(長良川以東かつ岩田坂・岩田西以東)
  • 各務原市の大部分(川島各町・成清町・神置町・下中屋町・大佐野町・上中屋町・松本町を除く)

歴史編集

近世以降の沿革編集

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 9村 大洞村、各務村、須衛村、坂井村、吉兵衛新田、伊吹村、北洞村、更木新田、影野新田
旗本領 22村 西市場村、桐野村、岩地村、山後村、大島村、野口村、島崎村、熊田村、持田村、東門村、下切村、宮代村、山脇村、三井村、上戸村、新加納村、長塚村、大野村、小佐野村、前渡村、東島村、三滝新田
幕府領・旗本領 2村 岩田村、古市場村
藩領 尾張名古屋藩 5村 鵜沼村、柿沢村、野村、飛鳥村、小網村
美濃高富藩 1村 岩滝村
幕府領・藩領 幕府領・旗本領・名古屋藩 1村 前野村
旗本領・高富藩 1村 芥見村

脚注編集

  1. ^ 明治7年9月岐阜県第187号布達
  2. ^ この3村は第一大区の所属であったが、小区は異なり、柿沢村は第十六小区。三滝新田は第十四小区、野村は第十五小区であった。発足した三柿野村は第十六小区の所属となった。
  3. ^ 明治8年1月岐阜県第17号布達
  4. ^ 両村とも第一大区第十六小区の所属であり、発足した大宮村も第一大区第十六小区の所属であった。
  5. ^ 5村とも第一大区第十六小区の所属であり、発足した和合村も第一大区第十六小区の所属であった。
  6. ^ 第1大区第16小区の所属となる。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1897年
次代:
稲葉郡