メインメニューを開く

本間 博(ほんま ひろし、1958年7月13日 - )は、将棋棋士。棋士番号170。大阪府出身。森安秀光門下。

 本間博 六段
名前 本間博
生年月日 (1958-07-13) 1958年7月13日(61歳)
プロ入り年月日 1985年6月10日(26歳)
棋士番号 170
出身地 大阪府
師匠 森安秀光九段
段位 六段
戦績
2014年5月30日現在
テンプレートを表示

人物編集

中学1年の頃から「森安道場」に通うようになり、1学年上の野田敬三と知り合う。高校1年のとき、野田とともに高校を退学して奨励会試験を受けるというギャンブルに出て、見事合格。同期入会には、福崎文吾らがいる。

1985年6月10日の四段昇段(プロ入り)は、阿部隆と同日であった。その半年後に本間より12歳若い羽生善治がプロ入りし、その後、続々と「羽生世代」が台頭してくることとなる。

順位戦はC級2組で7期を指し、その通算勝率はちょうど4割であったが、降級点3つ累積で1992年度を最後に降級。その間、「羽生世代」との順位戦での対戦成績は1勝5敗であった。しかし、その一方で、竜王戦では第1期(1988年度)5組の3位決定戦で井上慶太に勝ち、4組へ昇級している。

1994年からフリークラス。その後、C級2組復帰の規定を満たす成績を収められず、2003年3月に44歳で引退。

普及活動に熱心な棋士として知られている。活動は国内に留まらず、2007年7月に文化庁から文化交流使の指名を受け、2008年5月まで、パリを中心にヨーロッパ各地に在住して、将棋の普及活動を行った[1]

2008年8月、自宅にて「本間将棋スクール」を開校。

昇段履歴編集

  • 1975年 5級 = 奨励会入会
  • 1977年 初段
  • 1985年6月10日 四段 = プロ入り
  • 1993年12月1日 五段(勝数規定
  • 2003年3月31日 引退
  • 2006年4月1日 六段(引退棋士規定)

主な成績編集

  • 通算成績 145勝252敗
  • 順位戦 C級2組 7期

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 本間博六段の欧州将棋普及活動-最新報告」。2008年2月5日、MSN産経ニュース。

外部リンク編集