朽木 倫綱(くつき ともつな)は、江戸時代後期の大名丹波国福知山藩9代藩主。福知山藩朽木家10代。

 
朽木倫綱
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 明和4年1月7日1767年2月5日
死没 享和2年12月20日1803年1月13日
改名 周三郎・千之助(幼名)、倫綱
戒名 義運院殿忠山誠功大居士
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下土佐守
幕府 江戸幕府 奏者番
主君 徳川家斉
丹波福知山藩
氏族 朽木氏
父母 朽木舖綱朽木昌綱
兄弟 文、左衛、倫綱
松平直紹娘千寿院
綱徳板倉勝資正室、木下俊敦正室、
綱条松平乗美正室、綱方
テンプレートを表示

略歴編集

明和4年(1767年)1月7日、7代藩主・朽木舖綱の長男として誕生。

天明6年(1786年)7月9日、8代藩主・朽木昌綱の養子となる。同年12月15日(1787年2月2日)、11代将軍・徳川家斉に拝謁する。天明7年12月18日(1788年1月25日)、従五位下土佐守に叙任する。寛政12年(1800年)閏4月9日、昌綱の隠居により家督を継いだ。10月4日には奏者番に任じられるなど、将来を早くから嘱望されるほど有能だったが、養父の後を追うように享和2年(1802年)12月20日に死去した。享年36。

跡を昌綱の実子の綱方が継いだ。

系譜編集