メインメニューを開く

杉並区立高井戸第四小学校(すぎなみくりつたかいどだいししょうがっこう)は東京都杉並区西荻南に存在する公立小学校

概要編集

住宅街に囲まれた環境にある。

校内には小さな池や、第二校庭(東校庭と呼ぶ)も存在する。

食育教育を重視しており、農林水産省や、杉並区教育委員会を主催として有名料理人による特別授業を開催することがある。

沿革編集

  • 1939年(昭和14年)創立 高井戸第二小学校の学童増によるもの。
校名の由来は(旧)豊多摩郡高井戸町に位置する4番目の小学校ということであるが、すでに1932年昭和7年)10月1日に「東京市杉並区」となっており、設立前の仮称は近隣住民の希望では「大宮前小学校」(当時の住所は大宮前六丁目)であった。当時、学区域が合併前の4町(杉並・井荻・高井戸・和田堀)ごとに分かれており、大宮前は高井戸町であったため、役所の方針でそうなったとされる。ちなみに、現学区域である西荻南三・四丁目(当時の西荻窪一丁目)は、(旧)井荻町であったため杉並区立桃井第三小学校の学区域であったが、戦後、付近の人口増による小学校の新設(後記)と、中央線がまだ高架化されていなかったため、「開かずの踏切」の常態化が問題となり、当校の学区域に組み込まれることとなり、これが1969年の住居表示実施の際の国電中央線を基準とした西荻南・西荻北に改訂された根拠となった。

なお、当校設立以降、杉並区内に「第〜小学校」とつく学校は設立されていない。

  • 1944年(昭和19年) 空襲により校舎焼失。(戦後間もなく木造校舎で再建)
  • 1951年(昭和26年) 荻窪小学校設立により、学区域の東側の一部を割譲。(大宮前四丁目など)
  • 1952年(昭和27年) 松庵小学校設立により、学区域の西側の一部を割譲。(西高井戸一・二丁目、松庵南町、松庵北町など)
  • 1955年(昭和30年)プール落成
  • 1963年(昭和38年) 体育館落成
  • 1973年(昭和48年) 鉄筋校舎落成

通学区域編集

  • 西荻南一〜四丁目(全域)
  • 宮前三丁目(9〜14、33〜35番)

なお特別な許可を得ると、杉並区善福寺や、南荻窪からも登校できる。

部活編集

  • 野球部
  • サッカー部
  • バスケット部

行事編集

学校付近のようす編集

  • 西荻南児童館 杉並区社会福祉部が運営する児童館であり、当校の学童保育クラブが設置されている。
  • 西荻窪駅 JR中央線の駅である。
  • 大宮前公園 球技用グラウンドもある小型緑地公園。
  • たから幼稚園 西荻窪一帯の幼児が通う。
  • そよかぜ通り 学校前の道路。大雨の度洪水となる“悪水堀”と呼ばれた用水路を暗渠化し車道と歩道の間に植込みを設けた道路。1970年代卒業の女子児童が命名。

アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集