メインメニューを開く

杉山 伸也(すぎやま しんや、1949年1月11日[1] - )は、日本の経済史学者、慶應義塾大学名誉教授。

静岡県三島市生まれ。1972年早稲田大学政治経済学部卒、1975年同大学院修士課程修了、1981年ロンドン大学・ロンドン・スクール・オブ・エコノミックスで博士号取得。1984年慶應義塾大学経済学部助教授、1991年教授、2012年定年、名誉教授。社会経済史学会代表理事。専攻、日本経済史、アジア経済史。1989年『Japan's Industrialization in the World Economy, 1859-1899』で日経・経済図書文化賞受賞。

著書編集

  • Japan's Industrialization in the World Economy, 1859-1899: Export Trade and Overseas Competition(Athlone Press)1989
  • 『明治維新とイギリス商人 トマス・グラバーの生涯』岩波新書 1993
  • 『日本経済史 近世-現代』岩波書店 2012
  • 『グローバル経済史入門』岩波新書 2014

共編著編集

編纂編集

翻訳編集

  • W.G.ビーズリー『日本帝国主義1894-1945 居留地制度と東アジア』岩波書店 1990
  • 横浜開港資料館編『ホームズ船長の冒険 開港前後のイギリス商社』H.ボールハチェット共訳 有隣堂 有隣新書 1993

論文編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年