メインメニューを開く

李 源国(り げんこく、イ・ウォングク、韓国語이원국メキシコ名:エルネスト・カルロス(Ernest Carlos)、1948年5月10日 - )は、大韓民国ソウル特別市出身の元プロ野球選手投手)。現在はメキシコ国籍。右投げ右打ち。日本プロ野球での登録名の読みは「り げんこく」。

李 源国 (イ・ウォングク)
Lee, Won-Kuk
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 大韓民国の旗 大韓民国
ソウル特別市
生年月日 (1948-05-10) 1948年5月10日(71歳)
身長
体重
185 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 NPB / 1967年8月19日
KBO / 1983年
最終出場 NPB / 1967年8月19日
KBO / 1983年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
イ・ウォングク
各種表記
ハングル 이원국
漢字 李源國
発音: イウォングク
日本語読み: り げんこく
英語表記: Lee Won-Kuk
テンプレートを表示

経歴編集

1948年、韓国に生まれる。京城中央高校より、1966年東京オリオンズに入団。当時の登録では「り げんこく」と日本語読みだった。重い速球と角度のよいカーブが武器。1967年8月19日の対阪急ブレーブス戦に登板1/3イニング投げ2連打打たれ2失点したのが、日本での唯一の登板であった[1]1967年に東京オリオンズを退団。

1968年に、サンフランシスコ・ジャイアンツと契約して、1970年までマイナーリーグで過ごす。1972年よりメキシカンリーグへ移り、1982年までに通算149勝128敗8セーブの成績をあげる。その間にメキシコ国籍も取得し、メキシコ名をエルネスト・カルロス(Ernesto Carlos)とした。メキシカンリーグでは殿堂入り候補ともなっているほど大活躍をした。

1983年に、1億5000ウォンという高額年俸で、韓国・MBC青龍に入団したが、8試合1勝1敗と期待された成績を残すことができず、メキシコに帰国した。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1967 東京 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 7 1.1 2 0 1 0 0 0 0 0 2 2 18.00 1.67
1983 MBC 8 7 1 0 0 1 1 0 -- .500 171 38.2 46 1 14 0 2 6 25 19 4.42 1.55
NPB:1年 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 7 1.1 2 0 1 0 0 0 0 0 2 2 18.00 1.67
KBO:1年 8 7 1 0 0 1 1 0 -- .500 171 38.2 46 1 14 0 2 6 25 19 4.42 1.55

背番号編集

  • 29 (1966年 - 1967年)

脚注編集

  1. ^ ベースボールマガジン、2011年9月号、P104

関連項目編集

外部リンク編集