メインメニューを開く

李 神符(り しんぷ、579年 - 651年)は、中国宗室。鄭孝王李亮(李虎の八男)の子。唐の高祖李淵の従弟にあたる。は神符。

経歴編集

幼くして孤児となり、兄の李神通に謹事した。617年、李淵が太原で起兵したとき、神符は長安におり、衛文昇に逮捕された。長安が平定されると、光禄大夫に任ぜられ、安吉郡公に封ぜられた。618年、唐が建国されると、襄邑郡王に封ぜられた。621年并州総管に転じた。

突厥頡利可汗が辺境を侵すと、神符は出兵して汾水の東で突厥と戦い、勝利を挙げた。また沙河の北で戦い、乙利達官を捕らえ、可汗の乗馬と鎧を戦利品としてえた。このため太府卿となった。626年揚州大都督となり、揚州の州府を丹陽から江都の故郡に移転した。貞観初年に宗正卿となったが、足の病のため辞職し、太宗の見舞いを受けて、羊酒を賜った。小輿に乗って紫微殿に入ることを許可された。まもなく開府儀同三司となった。651年、世を去り、司空荊州都督の位を追贈され、献陵に陪葬された。を恭といった。

子女編集

  1. 李仁鑑(広宗郡公)
  2. 李徳懋(臨川郡公、刑部尚書)
  3. 李義範(広川郡公)
  4. 李文暕(魏国公、幽州都督、垂拱年間に藤州別駕に左遷され、処刑された)
  5. 李文挙

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻六十 列伝第十「宗室伝」
  • 新唐書』巻七十八 列伝第三「宗室伝」