李 舜臣(り しゅんしん、生没年不詳)は、中国南宋時代の儒学者は子思。隆州井研県の出身。

幼少より優秀であり、長じて乾道2年(1166年)の科挙に合格した。南宋が女真族華北を奪われて失地回復の意欲を失っていた頃、逆に金国への抗戦を盛んに主張した。また、成都に任を得た時には、教えを得た民より「蜀先生」と呼ばれ慕われた。死後に崇国公を追封された。

著作に『江東十鑑』の他、多数を残している。子も揃って優秀であり名を残しており、歴史を記した『建炎以来繁年要録』編者の李心伝朱子の語を記録した『池録』編者の李道伝や『饒録』編者の李性伝がいる。

備考 編集

代の官人・儒学者に同名の李舜臣がいるので、混同しないよう注意を要する。いうまでもなく、李氏朝鮮の武将の李舜臣とは別人である。

外部リンク 編集