メインメニューを開く

村上一治

村上 一治(むらかみ かずはる、1917年3月22日 - 1965年9月16日[1])は、愛知県出身の元プロ野球選手一塁手)。 南海軍に在籍した。

村上 一治
Murakami Kazuharu.JPG
1956年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 (1917-03-22) 1917年3月22日
没年月日 (1965-09-16) 1965年9月16日(48歳没)
身長
体重
170 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1941年
初出場 1941年
最終出場 1954年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 南海ホークス (1956 - 1958)

目次

来歴・人物編集

東邦商では4番バッターとして活躍。1934年第11回選抜中等学校野球大会では決勝の浪華商戦で延長10回裏に相手投手納家米吉からサヨナラ二塁打を打ち優勝。東邦商は甲子園初出場で初優勝を飾った。 東邦商を卒業後は法政大学野球部へと進んだ。大学でも主軸として活躍。プロ通算最多勝利監督の鶴岡一人は1学年先輩に当たる。

1941年南海軍に入団。ルーキーながら5番一塁手として開幕レギュラーの座を掴むも、その後大きな実績を残すことは出来ずレギュラー定着にはいたらなかった。1942年シーズン初頭に応召され、一時はプロを離れるも1949年に復帰。1955年に引退後、1956年から1958年までコーチを務めた[2]

1965年9月16日に、48歳で死去。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1941 南海
グレートリング
南海
84 371 318 24 61 11 0 0 72 28 9 -- 1 -- 50 -- 2 23 -- .192 .305 .226 .531
1942 6 25 22 2 7 2 0 1 12 3 1 0 1 -- 2 -- 0 1 -- .318 .375 .545 .920
1949 13 13 13 0 5 1 0 0 6 2 0 0 0 -- 0 -- 0 2 -- .385 .385 .462 .987
1950 45 58 56 3 14 3 0 3 26 17 0 0 0 -- 2 -- 0 4 2 .250 .276 .464 .720
1951 28 44 41 2 6 0 0 0 6 6 1 0 0 -- 2 -- 1 3 1 .146 .205 .146 .351
1952 22 23 19 0 2 0 0 0 2 4 0 0 0 -- 3 -- 1 1 2 .105 .261 .105 .366
1953 15 15 15 0 5 0 0 0 5 5 0 0 0 -- 0 -- 0 5 1 .333 .333 .333 .666
1954 12 12 10 0 2 0 0 0 2 2 0 0 0 1 1 -- 0 1 0 .200 .250 .200 .450
通算:9年 225 561 494 31 102 17 0 4 131 67 11 0 2 1 60 -- 4 40 6 .206 .297 .265 .562
  • 南海(南海軍)は、1944年途中に近畿日本(近畿日本軍)に、1946年にグレートリングに、1947年途中に南海(南海ホークス)に球団名を変更

背番号編集

  • 5 (1941年 - 1942年)
  • 26 (1949年 - 1955年)

脚注編集

  1. ^ 日本野球機構『日本プロ野球記録大百科 2004』(ベースボールマガジン社、2004年)1450頁。
  2. ^ 別冊週刊ベースボール冬季号『さらば!南海ホークス』(ベースボールマガジン社、1988年)133 - 134頁。

関連項目編集