村上 修司(むらかみ しゅうじ、1964年5月28日 - )は愛媛県出身の日本柔道家。95kg超級の選手。現役時代は身長185cm。体重120kg[1][2]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
アジア柔道選手権
1988 ダマスカス 95kg超級

経歴編集

今治南高校3年の時にインターハイの重量級で優勝を飾った[3]。1983年に日本大学へ進学すると、1年の時には優勝大会新人体重別95kg超級で3位になった[4][5]。2年の時には優勝大会で3位だったが、新人体重別では優勝を飾った[4][5]正力国際の無差別では決勝で天理大学4年の正木嘉美に敗れて2位だったものの、団体戦では優勝した[2]。3年の時には講道館杯で優勝を飾った[6]。優勝大会でも1年後輩の持田達人などとともに活躍してチームの優勝をもたらした[4]正力杯でも決勝で秋田経済法科大学4年の渡辺浩稔を破って優勝を飾り、団体戦との2冠を達成した[2]。4年の時には講道館杯と優勝大会では3位だったものの、正力杯では決勝で大学の2年後輩となる金野潤を破って2連覇を果たした[2][4][6]。1987年には警視庁の所属となった。1988年にはアジア柔道選手権の決勝で世界3位である中国の徐国清を破って優勝した[7]。1989年の選抜体重別では3位だった[1]全国警察柔道選手権大会では3度2位となった[8]

主な戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集