メインメニューを開く

村岡 典嗣(むらおか つねつぐ、1884年(明治17年)9月18日 - 1946年(昭和21年)4月13日)は、日本の歴史学者広島高等師範学校教授、東北帝国大学法文学部教授を歴任する。

略歴編集

東京生まれ。旧制開成中学(現開成高等学校)時代、短歌に才能を示した。開成中卒業後、早稲田大学哲学科に進学。1906年(明治39年)に早大卒業、1908年(明治41年)、独逸新教神学校卒業。その後外字新聞『ジャパン・デーリー・ヘラルド』『日独新報』の記者を務めながら、1911年(明治44年)に『本居宣長』を上梓、これが認められて1920年(大正9年)広島高等師範学校教授となり、1924年(大正13年)、東北帝国大学法文学部教授となり、日本思想史学科を開設した。1946年(昭和21年)に定年退官。主著として『日本思想史研究』がある。

「紅葉山人と源氏物語」では、尾崎紅葉が『金色夜叉』を書く前に、短期間に『源氏物語』を読んでいたことを実証し、後期の紅葉への『源氏』の影響を示した(『日本思想史研究』所収)。

著書編集

  • 本居宣長』警醒社書店、1911年。
    • 『本居宣長』岩波書店、1928年。増補版
    • 『本居宣長』岩波書店、1974年。
  • 『日本思想史研究』岡書院、1930年。
    • 『日本思想史研究』岩波書店、1940年10月。増補版
    • 日本思想史研究』岩波書店、1975年。ISBN 4-00-001600-8
  • 『国民精神の淵源』青年教育普及会、1933年。講演集
  • 『素行・宣長』岩波書店〈大教育家文庫 第6〉、1938年。復刊1984年
  • 『日本文化史概説』岩波書店、1938年4月。
  • 『続 日本思想史研究』岩波書店、1939年2月。
  • 平田篤胤』生活社〈日本叢書 59〉、1946年。
  • 『日本思想史研究 第3』岩波書店、1948年12月。
  • 『日本思想史研究 第4』岩波書店、1949年2月。
  • 『村岡典嗣歌集』青山なを・丸山キヨ子編輯、日本思想史學會、1952年4月。小冊子
  • 『日本思想史研究 第1巻』村岡典嗣著作集刊行会編、創文社、1956年。
  • 『日本思想史研究 第2巻』村岡典嗣著作集刊行会編、創文社、1957年。
  • 『日本思想史研究 第3巻』村岡典嗣著作集刊行会編、創文社、1957年。
  • 『日本思想史研究 第4巻』村岡典嗣著作集刊行会編、創文社、1961年。
  • 『日本思想史研究 第5巻』村岡典嗣著作集刊行会編、創文社、1962年。
  • 『新編 日本思想史研究 村岡典嗣論文選』前田勉編、平凡社〈東洋文庫 726〉、2004年5月。ISBN 4-582-80726-7
  • 『本居宣長 1』前田勉校訂、平凡社〈東洋文庫 746〉、2006年1月、増訂。ISBN 4-582-80746-1
  • 『本居宣長 2』前田勉校訂、平凡社〈東洋文庫 748〉、2006年3月、増訂。ISBN 4-582-80748-8
  • Muraoka Tsunetsugu (1988). Studies in Shinto thought. Classics on Japanese thought and culture. 5. translated by Delmer M. Brown and James T. Araki. Yushodo. 

共著・編著・共編著編集

翻訳編集

評伝研究編集

関連項目編集

外部リンク編集