メインメニューを開く

杜 審言(と しんげん、645年貞観19年) - 708年景龍2年))は、中国代(初唐)の詩人は必簡。襄州襄陽県(現在の湖北省襄陽市襄州区)の人。西晋杜預の子の杜耽の末裔にあたる。曾祖父は杜叔毗。祖父は杜魚石。父は杜依芸。子に杜閑杜並ら、孫に杜甫がいる。

略歴編集

670年咸亨元年)進士となり、隰城県の尉となった。自らの才能を恃むところ頗(すこぶ)る強く、大胆な放言をしては周囲から憎悪されていた。また、杜審言は立場が上の人間に対する態度は弱く、武則天に召し出された時には、必要以上に媚び諂って感謝するという有様であった。しかし、詩を絶賛されたり、李嶠崔融蘇味道らと共に「文章四友」と呼ばれるなど、その才能は認められていた。

705年神龍元年)頃、武則天の寵臣の張易之らと親しくしていたために左遷され、峰州(現在のベトナムフート省)に流された。その後、都に戻って国子館主簿・修文館直学士になり、病死した。死に際しても見舞いに来た友人の宋之問らに「わたしの才能が今まで君達を押さえ込んできたが、これからわたくしが死ぬからにはさぞ喜ばしかろう」などと言い放ったという。

詩風編集

詩は五言律詩を得意とする。『杜審言集』が代に編纂された。

参考文献編集