東京セレソンデラックス

東京セレソンデラックス (とうきょうセレソンデラックス)は、俳優脚本家宅間孝行(サタケミキオ)が主宰する日本の劇団である。通称「東京セレソンDX」。1997年に「東京セレソン」として旗揚げ。2012年12月31日をもって解散したが[1]、その後も上演作品が映像化されている。

目次

沿革編集

  • 1997年に、宅間孝行と旗揚げメンバーの武田秀臣を中心に前身である「東京セレソン」を旗揚げ。
  • 2001年に「東京セレソンデラックス」に改名。
  • 2006年8月、劇団の運営・芸能マネジメント業務を行う株式会社オフィスセレソンを設立。宅間が代表取締役に就任。
  • 2007年に「歌姫」が長瀬智也TOKIO)主演・サタケミキオ脚本でドラマ化。
  • 2012年1月5日、2012年10月 - 12月に上演の本公演を以って解散することを発表。[2]

メンバー編集

元メンバー編集

「東京セレソンデラックス」としての公演編集

  • 傷 -kizu-(2001年)
  • ぴえろ(2001年)
  • JOKER(2001年)
  • WHAT A WONDERFUL LIFE!(2002年
  • 口笛(2002年)
  • BARTENDER(2002年)
  • HUNGRY(2003年
  • WHAT A WONDERFUL LIFE!(再演)(2003年)
  • W(2003年)
  • 夕(2003年)
  • ピリオド(2003年)
  • Happy(2004年
  • 歌姫(2004年)
  • FAMILY!(2005年
  • How are you?(2005年)
  • 夕(再演)(2005年)
  • 口笛(再演)(2005年)
  • ぴえろ(再演)(2005年)
  • ザ・福袋 àla carte vol.1(2006年
  • 流れ星(2006年)
  • あいあい傘(2007年
  • 歌姫(再演)(2007年)
  • 渡辺いっけいと東京セレソンDX(2007年)
  • 夕(再々演)(2008年
  • 流れ星(再演)(2009年
  • WHAT A WONDERFUL LIFE!(再々演)(2010年)
  • くちづけ(2010年)
  • 傷 -kizu-(再演)(2011年)
  • 笑う巨塔(最終公演)(2012年)[3]

映像化作品編集

いくつかの作品がテレビドラマ、映画などに翻案されている。

  • 歌姫 - 2007年、TBS系列にて連続テレビドラマ化された。宅間孝行はサタケミキオ名義で脚本と一部演出を担当。
  • ぴえろ - 2013年、『間違われちゃった男』としてフジテレビにて連続テレビドラマ化された。宅間はドラマ用の再脚本化、チーフディレクターとしてドラマ演出も担当。
  • くちづけ - 2013年、堤幸彦監督で映画化。宅間は脚本および出演。

脚注編集

  1. ^ 宅間孝行、解散のお知らせ - 東京セレソンデラックス(2012年12月31日)、東京セレソンデラックス公式サイト、2013年4月20日閲覧。
  2. ^ (解散のお知らせ)
  3. ^ 「笑う巨塔」

関連項目編集

外部リンク編集