ザテレビジョン

週刊ザテレビジョン
Thetelevision logo.svg
ジャンル テレビ情報誌
刊行頻度 週刊水曜日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 350円(本体324円+税)
出版社 KADOKAWA
発行人 馬庭教二
編集人 野崎芳明
編集長 小林良輔
刊行期間 1982年9月22日 -
発行部数 182,017部(2016年7月 - 9月日本雑誌協会調べ)
姉妹誌 ザテレビジョンCOLORS
ウェブサイト Smartザテレビジョン
特記事項 定価は2016年12月2日号現在
月刊 ザテレビジョン
MONTHLY THE TELEVISION
ジャンル テレビ情報誌
刊行頻度 月刊(24日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 380円(本体352円+税)
出版社 株式会社KADOKAWA
発行人 馬庭教二
編集人 野崎芳明
編集長 横山存
刊行期間 1995年3月24日 -
発行部数 303,000部(2016年7月 - 9月日本雑誌協会調べ)
姉妹誌 スカパー!ザテレビジョン
ウェブサイト Smartザテレビジョン
特記事項 定価は2016年12月号現在

ザテレビジョン』は、KADOKAWA発行の日本テレビ情報誌である。毎週水曜日発売の週刊版、毎月24日発売の月刊版、同じく毎月24日発売の地上波・BSを扱う専門版の「月刊大人ザテレビジョン」(げっかんおとなザテレビジョン)がある。週刊版は、有名人がレモンを持った表紙でおなじみ。

しばしば「ザ・テレビジョン」もしくは「ザ テレビジョン」と誤記されるが、正式名称は掲題の通りである[注 1]

1994年6月より1クール毎にテレビドラマを対象とした賞・ザテレビジョンドラマアカデミー賞を主催し発表している[1]

目次

週刊版編集

概要編集

通常は発売週の土曜日から7日間の地上波とBSのテレビ番組表が掲載されており、ゴールデンタイムを中心に番組の見所が併載されている。バラエティー音楽アニメ等のジャンル別番組表も掲載。1年の最後に発売される12月中旬頃の発売号および8月中旬・お盆休みの号は、その期間内(年末年始号は2週間〜3週間分・年によって日数は異なる)のガイドを掲載。価格も通常より若干高めになるが、年末号が1年で最も部数増となる号でもある。

放送地域ごとに各地区版を発行しており、全国47都道府県をカバーしている。地域のローカル番組を紹介するページもあり地元アナウンサーのコラムなども掲載され、地元に密着した誌面作りが行われている。また、年末年始号を中心に特集が組まれることもある。過去には「2000年のテレビジョン」のように、放送行政など踏み込んだマニアックな連載もあった。ローカル情報の手厚さは、テレビ情報誌としては先輩格の『週刊TVガイド』を凌駕するとされる。また創刊当初のごく一時期、FM放送NHK-FM放送と各地の県域民放)の番組表を載せていたことがあったが、FM県域民放の拡大などによる紙面スペースの都合でその後廃止された。

また日本雑誌協会調べの印刷証明付部数においてここ数年、週刊版は『ザテレビジョン』が首位を維持していたが、2011年度(2010年10月から2011年9月まで)の平均部数は『週刊TVガイド』が411,192部、ザテレビジョンは405,501部となり逆転を許した[2]

創刊時の状況編集

1982年9月22日角川書店が株式会社ザテレビジョンを設立し角川映画ドル箱スター・薬師丸ひろ子を表紙にして「テレビと遊ぶ本・週刊カドカワ」の副題で創刊。同出版社の映画情報の月刊誌『バラエティ』の週刊版という位置づけで創刊から数年はFMラジオ番組の情報や週間番組表を掲載したり、赤川次郎西村京太郎など人気作家の連載小説や角川映画の新作情報を掲載するなどバラエティに富んでいた。

なお、創刊からしばらくの間、地域版としては「首都圏関東版」と「関西版」の2版体制で、それ以外の地域は「全国版」として各系列のダイジェストと、18時以降の東京キー局番組表を「○×系列」として掲載していた。のちに「中部版」が独立し創刊されたが、3大都市圏以外では各地域版が創刊されるまでこの体制が続いた。

先駆の『週刊TVガイド』はこの年既に創刊20周年にして1,000号を超えており、テレビ情報誌の代名詞的存在になっていた。『週刊TVガイド』が幼児からお年寄りまでを対象としたオールラウンドな誌面作りをしていたのに対し、同誌はカラーグラビアを多用するなど10〜30代の購買層にターゲットを絞る戦略を採った事が奏功し後発ながらもライバル誌に肩を並べるに至った。尚、価格は両誌とも170円であった。

表紙について編集

「有名人がレモンを持った表紙」は創刊号で撮影されて以来、しばらく行われなかった。創刊から3年半後の1986年3月14日号(モデル:荻野目洋子)から恒例となり、以降文字通り同誌の「顔」として定着している。皇室関係者や政治家、またはスポーツ選手の試合風景、映画ドラマのシーンをモチーフにした号以外は必ずレモンを持たされるが、1991年11月15日号・1993年10月15日号の長渕剛だけは2度にわたり拒否した[3]が、2013年3月18日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ)でこの事が紹介されたのをきっかけとして3度目の表紙となった同年5月24日号ではレモンを持って登場している[4]

話題になった号・特色ある表紙の号
人物以外が表紙を飾った号

特定作品のキャラクターについては後述。

表紙に登場した各種キャラクター編集

※2017年3月現在。メインで掲載されたものに限る。

アニメキャラクター・機体

キャラクター名 出典 注釈
1984年1月27日 チャム・ファウ 聖戦士ダンバイン [注 2]
1985年3月8日 ガンダムMk-II 機動戦士Ζガンダム
1985年4月26日 Q太郎 オバケのQ太郎
1988年11月11日 ミッキーマウス ディズニーキャラクター [注 3]
1990年10月5日 キキ 魔女の宅急便 [注 4]
1990年12月14日 まる子 ちびまる子ちゃん
2004年11月26日 シン・アスカ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
2005年3月11日 モンキー・D・ルフィ
トニートニー・チョッパー
ロロノア・ゾロ
ナミ
サンジ
ニコ・ロビン
オマツリ男爵
ONE PIECE THE MOVIE
オマツリ男爵と秘密の島
2006年5月5日 江戸川コナン
毛利蘭
毛利小五郎
服部平次
怪盗キッド
名探偵コナン
別冊ザテレビジョン LOVEアニメ!
2011年11月26日発売)
平沢唯
秋山澪
田井中律
琴吹紬
中野梓
映画けいおん! [注 5]
別冊ザテレビジョン
アニメザテレビジョン vol.1
2012年10月10日発売)
佐倉杏子
鹿目まどか
美樹さやか
暁美ほむら
巴マミ
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [注 6]
ザテレビジョン
「劇場版 アイカツ!」特大号
2014年11月14日発売)
星宮いちご
大空あかり
神崎美月
劇場版 アイカツ!
アニメザテレビジョン
(2014年7月31日発売)
セバスチャン・ミカエリス
シエル・ファントムハイヴ
黒執事 Book of Circus
ザテレビジョン
映画「妖怪ウォッチ」第2弾
総力特集
2015年12月4日発売)
未空イナホ
コマじろう
コマさん
ウィスパー
天野景太
USAピョン
ジバニャン
映画 妖怪ウォッチ
エンマ大王と5つの物語だニャン!
[注 7]

実写・特撮キャラクター

キャラクター名 出典 注釈
1983年5月13日 ゴジラ ゴジラ
1983年6月17日 R2-D2
C-3PO
スター・ウォーズ
エピソード6/ジェダイの帰還
[注 8]
1983年9月2日 月光仮面 月光仮面
1984年3月30日 ウルトラマンタロウ ウルトラマンタロウ [注 9]
1984年11月30日 ゴジラ ゴジラ [注 10]
モグワイ グレムリン
1990年3月30日 ロボコップ ロボコップ
1993年7月9日 レックス REX 恐竜物語 [注 11]
別冊ザテレビジョン
特撮ザテレビジョン
仮面ライダー×スーパー戦隊
スーパーヒーロー大戦
』公式読本
2012年4月13日発売)
仮面ライダー1号 仮面ライダー [注 12]
仮面ライダーディケイド 仮面ライダーディケイド
仮面ライダーフォーゼ 仮面ライダーフォーゼ
アカレンジャー 秘密戦隊ゴレンジャー
ゴーカイレッド 海賊戦隊ゴーカイジャー
レッドバスター 特命戦隊ゴーバスターズ

その他のキャラクター

キャラクター名 出典 注釈
1983年9月30日 村上ワタル
ナンター
少年ケニヤ
2002年2月22日 サタッペ
スマッペ
サタ☆スマ [注 13]

なおメインで掲載されたもの以外でも各種キャラクターが表紙に載ることがあり、中でもケロロ軍曹は数回にわたって登場している(2006年3月17日号、2008年1月14日号、2009年1月12日号(お正月超特大号)、2009年3月13日号など)。

その他の特色編集

テレビ情報誌における芸能人連載コラムの掲載第一号は同誌であった。初代である高見知佳著「ひとりごとハートヌード」(1984年4月6日号〜7月13日号、全15回)以降、旬のタレントが連載を担った。1989年に同企画初の単行本として出版された南野陽子著「月夜のくしゃみ」(1989年1月3日号〜7月14日号)は彼女の人気と相まって好セールスを記録した。

月刊版編集

前身の『TV cosmos』(1987年10月創刊、全国版のみ)を経て、1995年3月に『月刊ザテレビジョン』として首都圏版と関西版の2版で創刊。その後中部版を皮切りに各地域版が順次創刊されている。

2014年10月号を以って富山・石川・福井版は休刊となった。更に2016年2月号を以って青森・岩手版、秋田・山形版、宮城・福島版、長野・新潟版、静岡版、岡山・香川・愛媛・高知版、熊本・長崎版、鹿児島・宮崎・大分版も休刊となり、広島・島根・鳥取版は広島・岡山・香川版に改題された。


表紙について編集

創刊号(1995年3月号)の表紙は鈴木杏樹、男性初の表紙は1996年4月号の中居正広SMAP)である[9]

2015年3月号までの表紙登場回数(グループはメンバーのソロでの登場を含む)は、1位:SMAP(53回、うち木村拓哉が15回、中居正広が9回)、2位:(33回)、3位:KinKi Kids(20回)、4位:TOKIO(12回)、浜崎あゆみ(12回)である[9]

専門版編集

2001年6月23日に『BSザテレビジョン』として首都圏版と関西版が創刊。2002年5月号には「BS&CSザテレビジョン」に改題したが、2版体制から全国版のみに変更された。その後2006年5月に地上波番組表も加わり『月刊ザハイビジョン』として新創刊、再び全国版(首都圏版的位置付け)と関西版の2版体制になった。2008年9月には新たに中部版が創刊されている。

2012年7月24日発売号より『月刊大人ザテレビジョン』としてリニューアルした。CS番組表が掲載されない市販版と、CS番組表も掲載されるスカパー!定期購読版に分かれ、市販版は中部版が休刊となり全国版と関西版の2版体制に戻った。

2013年6月24日発売号をもって市販版(全国版と関西版)が休刊となった。スカパー!定期購読版は発行継続となっており、スカパー!未加入者も角川オンラインショップで購入可能である。

地方版と対応地域編集

※2009年現在

週刊ザテレビジョン編集

[注 14]

月刊ザテレビジョン編集

  • 北海道版(北海道)
  • 青森・岩手版(青森・岩手県)※2016年2月号を以って休刊。
  • 秋田・山形版[注 20](秋田・山形県)※2016年2月号を以って休刊。
  • 宮城・福島版(宮城・福島県)※2016年2月号を以って休刊。
  • 長野・新潟版(新潟・長野県)※2016年2月号を以って休刊。
  • 首都圏版(東京都、群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉・神奈川県)
  • 富山・石川・福井版[注 20](富山・石川・福井県)※2014年10月号を以って休刊。
  • 静岡版(静岡県)※2016年2月号を以って休刊。
  • 中部版(岐阜・愛知・三重県)
  • 関西版(京都・大阪府、滋賀・兵庫・奈良・和歌山県)
  • 岡山・香川・愛媛・高知版[注 20](岡山・香川・愛媛・高知県)※2016年2月号を以って休刊。
  • 広島・島根・鳥取版(広島・鳥取・島根県)※2016年3月号より広島・岡山・香川版に誌名変更。
  • 福岡・佐賀版(福岡・佐賀県)
  • 長崎・熊本版[注 20](長崎・熊本県)※2016年2月号を以って休刊。
  • 鹿児島・宮崎・大分版[注 20](鹿児島・宮崎・大分県)※2016年2月号を以って休刊。

月刊大人ザテレビジョン編集

  • 全国版(関東1都6県と下記以外の地域、地上波は東京キー局のものを掲載)
  • 関西版(京都・大阪府、滋賀・兵庫・奈良・和歌山県)

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 週刊版の誌名は、単に『ザテレビジョン』だが、公式サイトでも『週刊ザテレビジョン』との表記が見られる。表紙には「WEEKLY THE TELEVISION」、目次には「WEEKLY ザテレビジョン」との表記もある。
  2. ^ テレビアニメ特集
  3. ^ イラストではなく、着ぐるみが表紙に登場した
  4. ^ ダイ・ハード』『アンタッチャブル』とともに
  5. ^ 表紙の作品を主体としたアニメ関連情報のムック本として発売。発売時期が冬で年末なのにもかかわらず、全員水着姿でレモンを持たせている。
  6. ^ アニメ関連情報のムック本として発売。
  7. ^ メイン以外では『ちびまる子ちゃん』『アイカツ!』『ちいさなプリンセス ソフィア』『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』『仮面ライダーゴースト』『仮面ライダードライブ』『烈車戦隊トッキュウジャー』『手裏剣戦隊ニンニンジャー』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のキャラクターも登場している。
  8. ^ 当時の邦題は「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」。
  9. ^ 高見知佳とともに
  10. ^ ゴーストバスターズ」のマークとともに
  11. ^ 安達祐実とともに
  12. ^ 特撮関連情報のムック本として発売。
  13. ^ 中居正広香取慎吾とともに
  14. ^ 首都圏版には山梨県、関西版には徳島県の各民放がハーフサイズで掲載。また独立UHF局については首都圏版では別ページに、関西版ではサンテレビがフルサイズ、KBS京都がハーフサイズ、その他の3局はさらに半分ぐらいのサイズで掲載されている。四国放送は関西版、岡山・四国版両方にハーフサイズで掲載。
  15. ^ 山梨県について、地方版創刊当初は「静岡・山梨版」として、隣県の静岡県と一つのエリアとして販売されていたが、山梨県内でのケーブルテレビの高普及率に伴い実質的に在京局の受信可能世帯が多かったことや、隣接する静岡県のエリア事情を考慮し、版割変更が行われ、以後は首都圏版に組み込まれている。
  16. ^ 地方版創刊当初は、隣県の山梨県との「静岡・山梨版」であったが、山梨県のエリア事情と、静岡県西部地方の事情(在名局を受信可能な地域が比較的多い)を考慮し、全国の版割で唯一(当時)の「1県単独版」として独立した。しかし、県西部に偏りすぎてしまったため、版割はそのままに、後に在京各局の番組表も復活させた上で在名局番組表と併存させるなどの修正を施し、現在に至っている。
  17. ^ 関西ザテレビジョン』→『ザテレビジョン KANSAI』として発行していた時期あり
  18. ^ 現在のフォーマットになった2014年9月19日号から最初の1年半に紙幅の関係で四国放送はお正月超特大号のみの掲載となった時期がある。
  19. ^ a b 山口県は地理的要因によりエリア外の視聴可能局が東部と西部で異なるため、同じ県内でも冊子が異なる。同県内の放送局はどちらもフルサイズで掲載されている。このような事象は『週刊TVガイド』でも同様であるが、以前は「広島版」に山口県の番組表を載せていたので山口県全県で広島版を発売していた時期がある。山口県#テレビの県域放送局も参照のこと。
  20. ^ a b c d e 秋田・山形版、富山・石川・福井版、岡山・香川・愛媛・高知版、熊本・長崎版、鹿児島・宮崎・大分版の地方版5版は一部特集と連載記事を外したライト版である。

出典編集

  1. ^ ザテレビジョンドラマアカデミー賞、KADOKAWA、2014年2月15日閲覧。
  2. ^ JMPAマガジンデータ 日本雑誌協会
  3. ^ 「[3号連続企画第1弾]歴代表紙コレクション・1」『週刊ザテレビジョン』2011年10月7日号。
  4. ^ 長渕剛、20年越しでレモン持った! 『ザテレビジョン』3度目表紙でついに…、オリコン、2013年5月15日、2013年10月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 『週刊ザテレビジョン』2014年9月12日号、96頁。(「ザテレビジョン トリビアワード」)
  6. ^ Yahoo!オークション - ザテレビジョン 表紙レモンチャリティー、Yahoo!JAPAN、2009年6月25日閲覧
  7. ^ ニュースウォーカー
  8. ^ モデルプレス
  9. ^ a b 『月刊ザテレビジョン』2015年3月号、1頁。

外部リンク編集