東京センタースポーツ

東京センタースポーツ株式会社(とうきょうセンタースポーツ)は、東京都江戸川区南小岩に本社を置いた企業

東京センタースポーツ株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
133-0056
東京都江戸川区南小岩4-17-15[1]
設立 1927年
業種 その他製品
事業内容 スポーツ用品の販売
外部リンク 東京センタースポーツ
テンプレートを表示

1927年創業[1]ブランド名はハドソンゲームメーカーハドソンとは全く関連はない)。

野球審判員プロテクター製造販売会社で、創業年から見てとれるように、その歴史は古く、1950年に製造発売されたアウトサイドプロテクターが、同年セ・リーグ審判部に採用されている[1]ほか、1996年からアメリカメジャーリーグワールドシリーズでも採用・使用され[1]インサイドプロテクター(主に硬式・軟式・ソフト兼用)の製造・販売をメインに、マスク(硬式用)[2]レガーズ[3]ボール袋[4]などの製造・販売もてがけていた。

なお、一般のスポーツ用品も販売していた[5]

プロテクターに関しては問題ない品質を誇っていたが、2008年1月社長が逝去した事により廃業

脚注編集

  1. ^ a b c d 会社概要”. 東京センタースポーツ. 2007年10月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年12月13日閲覧。
  2. ^ マスク・スロートガード”. 東京センタースポーツ. 2007年10月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年12月13日閲覧。
  3. ^ レガード”. 東京センタースポーツ. 2007年10月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年12月13日閲覧。
  4. ^ ボール入れ・審判用バッグ”. 東京センタースポーツ. 2007年10月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年12月13日閲覧。
  5. ^ 一般スポーツ品の部”. 東京センタースポーツ. 2007年10月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年12月13日閲覧。

外部リンク編集