メインメニューを開く

東京工芸大学女子短期大学部(とうきょうこうげいだいがくじょしたんきだいがくぶ、英語: Women's Junior College, Tokyo Institute of Polytechnics[1]またはTokyo Kogei Women's Junior College[2])は、神奈川県厚木市 飯山1583に本部を置いていた日本私立大学である。1982年に設置され、2005年に廃止された。大学の略称は工芸女子短大。学生募集は2002年度まで。翌年度より短期大学は学生募集を停止し、2005年7月29日 正式廃止[3]

東京工芸大学女子短期大学部
大学設置/創立 1982年
廃止 2005年
学校種別 私立
設置者 学校法人東京工芸大学
本部所在地 神奈川県厚木市 飯山1583
学部 秘書科
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 東京工芸大学に附属された短大として併設されたが、男女共学の短期大学部とは異なり、秘書科といった芸術系とはあまり関連していない学科が置かれていた。「経営情報」・「情報処理」・「国際教養」の各コースが設けられていた[2]

学風および特色編集

  • ビジネスや語学・情報教育に力をいれていたところに特色がある。

沿革編集

  • 1982年 東京工芸大学女子短期大学部開学。秘書科を置く:学生数187名[4] 
  • 2002年度をもって学生募集を終了。
  • 2005年7月29日 正式廃止[3]

基礎データ編集

所在地編集

  • 神奈川県厚木市飯山1583[5]

象徴編集

  • 東京工芸大学女子短期大学部のカレッジマークは東京工芸大学と同一で、ヒマワリをイメージしている。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 秘書科:「経営秘書」、「国際教養」の各コースからなっていた[2]

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

  • 上級秘書士ほか

研究編集

  • 『飯山論叢 』[1]ほか。

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 東京工芸大学女子短期大学部の学園祭は「えりあんと祭」と呼ばれていた[2]

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

大学関係者一覧編集

施設編集

キャンパス編集

  • 東京工芸大学厚木キャンパス内に、大学とは別に女子短期大学部独自の校舎が設けられていた。1号館・2号館・学生ホール[7]・クラブハウス・テニスコート・体育館を短大にて所有していた[2]

編集

  • なし

対外関係編集

卒業後の進路について編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b CiNiiより
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『TOKYO KOGEI WOMEN'S JUNIOR COLLEGE 東京工芸大学女子短期大学部 秘書科』より
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』272頁より。
  4. ^ 昭和58年度版『全国学校総覧』49頁より。
  5. ^ 東京工芸大学厚木キャンパス内
  6. ^ 「かりんかい」と読む
  7. ^ ここに生活協同組合が置かれていた。

関連項目編集

関連サイト編集