メインメニューを開く

東京警備司令部(とうきょうけいびしれいぶ)は、関東大震災により東京とその近辺に行政戒厳が施行され、関東戒厳司令部が設けられ戒厳解除により廃止された際、当分の間ということで設けられた大日本帝国陸軍司令部(大正12年11月15日勅令第480号東京警備司令部令)。しかし長い間廃止されなかった。

東京警備司令部
創設 大正12年(1923年)11月16日
廃止 昭和12年(1937年)11月30日
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 司令部官衙
所在地 日本
編成地 東京
上級単位 天皇直隷
担当地域 東京
テンプレートを表示

目次

概要編集

司令官は、陸軍大将又は陸軍中将親補職であり、それまで東京衛戍司令官とされていた第1師団長より上位である東京衛戍司令官とされ、警備区域は東京市荏原郡豊多摩郡北豊島郡南足立郡南葛飾郡横浜市及び橘樹郡ではあったが、近衛師団第1師団に対する統率系統はなく、警備上の指揮権を有するのみであった。

司令部は、参謀長参謀副官並びに下士及び判任文官の、全部で10人程度の小さな事務所であった。

昭和10年(1935年)から新たに設けられた東部防衛司令部を兼ね、昭和12年(1937年)に東部防衛司令部の編制が官衙から軍隊に改められた際、東京警備司令部は廃止された。

歴代東京警備司令官編集

  • 山梨半造 大将:大正12年(1923年)11月16日 - 大正13年(1924年)8月20日
  • (兼)菊池慎之助 大将:大正13年(1924年)8月20日 - 大正15年(1926年)3月2日
  • (兼)武藤信義 大将:大正15年(1926年)3月2日 - 大正15年(1926年)7月28日
  • 磯村年 中将:大正15年(1926年)7月28日 - 昭和3年(1928年)8月10日
  • 岸本鹿太郎 中将:昭和3年(1928年)8月10日 - 昭和4年(1929年)8月1日
  • 長谷川直敏 中将:昭和4年(1929年)8月1日 - 昭和5年(1930年)12月22日
  • 林弥三吉 中将:昭和5年(1930年)12月22日 - 昭和7年(1932年)2月29日
  • 木原清 中将:昭和7年(1932年)2月29日 - 昭和8年(1933年)3月18日
  • 林仙之 中将:昭和8年(1933年)3月18日 - 昭和9年(1934年)3月5日
  • 西義一 中将:昭和9年(1934年)3月5日 - 昭和9年(1934年)11月28日
  • 西義一 大将:昭和9年(1934年)11月28日 - 昭和10年(1935年)12月2日
  • 香椎浩平 中将:昭和10年(1935年)12月2日 - 昭和11年(1936年)4月2日
  • 岩越恒一 中将:昭和11年(1936年)4月2日 - 昭和12年(1937年)8月2日
  • 中村孝太郎 中将:昭和12年(1937年)8月2日 - 昭和12年(1937年)11月30日(廃止)

歴代東京警備参謀長編集

  • 秦真次 大佐:大正12年(1923年)11月17日 - 大正15年(1926年)3月2日
  • 中岡弥高 大佐:大正15年(1926年)3月2日 - 昭和3年(1928年)5月30日
  • 宇佐美興屋 大佐:昭和3年(1928年)5月30日 - 昭和4年(1929年)8月1日
  • 橋本虎之助 大佐:昭和4年(1929年)8月1日 - 昭和6年(1931年)8月1日
  • 島省三 少将:昭和6年(1931年)8月1日 - 昭和8年(1933年)3月18日
  • 尾高亀蔵 少将:昭和8年(1933年)3月18日 - 昭和10年(1935年)8月1日
  • 安井藤治 少将:昭和10年(1935年)8月1日 - 昭和12年(1937年)8月2日
  • 吉本貞一 少将:昭和12年(1937年)8月2日 - 昭和12年(1937年)11月30日(廃止)

関連項目編集

外部リンク編集