東南角部屋二階の女

東南角部屋二階の女』(とうなんかどべやにかいのおんな)は、2008年日本映画である。

東南角部屋二階の女
監督 池田千尋
脚本 大石三知子
製作 石毛栄典
磯見俊裕
出演者 西島秀俊
加瀬亮
竹花梓
音楽 長嶌寛幸
撮影 たむらまさき
編集 大重裕二
製作会社 トランスフォーマー
配給 トランスフォーマー
ユーロスペース
公開 2008年9月20日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

池田千尋監督[1]西島秀俊主演[2]。2008年9月20日に公開された[3]

あらすじ編集

野上孝(西島秀俊)の父親が死んだ。父親が残した多額の借金を返済しなければならない彼は、祖父の野上友次郎(高橋昌也)の土地を売ろうと思いつくが、なかなか祖父を説得することができない。やがて、その土地に建つアパートで、恋人(大谷英子)に去られたばかりで会社の後輩だった三崎哲(加瀬亮)と、見合い相手の豊島涼子(竹花梓)との三人での共同生活が始まる。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ 平澤, 竹識 (2008年9月5日). “『東南角部屋二階の女』池田千尋(監督)インタビュー”. 映画芸術. 2013年8月25日閲覧。
  2. ^ 高橋, 昌宏 (2008年10月17日). “西島秀俊、「真木栗ノ穴」「東南角部屋二階の女」に主演”. 朝日新聞. 2013年8月25日閲覧。
  3. ^ 栗秋, あや (2008年9月21日). “西島秀俊×加瀬亮コンビ、"ダメ男"で相思相愛--『東南角部屋二階の女』初日”. マイナビニュース. 2013年8月25日閲覧。

外部リンク編集