高橋昌也 (俳優)

日本の俳優・演出家(1930−2014)

高橋 昌也(たかはし まさや、1930年3月16日 - 2014年1月16日)は、日本俳優演出家

たかはし まさや
高橋 昌也
生年月日 (1930-03-16) 1930年3月16日
没年月日 (2014-01-16) 2014年1月16日(83歳没)
出生地 日本の旗 日本東京市牛込区
(現・東京都新宿区[1]
死没地 日本の旗 日本山梨県
職業 俳優
演出家
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1954年 - 2014年
配偶者 加藤治子
(1958年 - 1973年)
藤井八千代
(1974年 - 1999年)
一般女性
(1999年 - 2014年)
主な作品
テレビドラマ
赤い絆
不良少女とよばれて
年下の男
 
受賞
日本映画批評家大賞
助演男優賞

2004年透光の樹
TAMA映画祭
最優秀作品賞

2009年ディア・ドクター
テンプレートを表示

『幸せの背くらべ』で1996年の読売演劇大賞演出家賞を受賞。2004年の映画『透光の樹』の演技で日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞。

来歴・人物編集

東京府出身。東京都立第四中学校(東京都立戸山高等学校)卒業。俳優座養成所卒業。1954年に劇団新人会設立に参加。

1956年劇団四季に参加。

1961年から文学座へ入団するが、1963年芥川比呂志高木均岸田今日子らと脱退し劇団雲結成に参加[注釈 1]

1975年、劇団の分裂により、演劇集団 円に参加。主に演出家として別役実作品を一手に手掛けた。

1987年、円を退団して銀座セゾン劇場の芸術総監督に就任、1999年の閉館まで務めた。

1993年、末期の食道癌と診断され食道を全摘出する手術を受けたが回復。

1996年からは銀座セゾン劇場(後のル テアトル銀座 by PARCO)での黒柳徹子主演舞台・海外コメディシリーズの演出を飯沢匡に代わり手掛けた。俳優業は総監督就任に伴い休業していたが2000年以降再開した。

2014年1月16日午後5時55分、呼吸不全により死去。83歳没[2]

テレビドラマでは一連の大映ドラマに常連出演していた。

上記のように、黒柳の舞台演出を手掛けたりし、足掛け60年近くの親交があったというが、「徹子の部屋」にゲスト出演していたかどうかは不明。

結婚編集

  • 1958年に女優の加藤治子と結婚するも1973年に離婚。
  • 1974年に当時、赤坂及び軽井沢で著名だった鶏料理店「若松」のオーナー兼女将の藤井八千代と再婚、翌年45歳にして長女を授かるも1999年に離婚。
  • 同年には38歳年下の女性と再々婚した。

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

  • 文学座公演『女の一生』(出演)
  • 劇団雲公演『榎本武揚』(出演・榎本武揚役)
  • 円公演『壊れた風景』(演出)
  • パルコ『マレーネ』(演出)
  • バルコ『33の変奏曲』(演出)

吹き替え編集

俳優編集

洋画・海外ドラマ編集

劇場アニメ編集

バラエティー番組編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 杉村春子からは「昌也が出て行くのだけは惜しい」と悔しがられた。
  2. ^ 遺作。
  3. ^ 例:1979年1月2日放送分(ぴったしチームは高橋キャプテンに郷ひろみ西城秀樹野口五郎、カン・カンチームは渡辺美佐子キャプテンに山口百恵渡辺真知子榊原郁恵という特別版。「1枚の写真」ゲストは三浦友和

出典編集

  1. ^ 高橋昌也 - KINENOTE
  2. ^ “俳優・演出家の高橋昌也さん死去 83歳”. スポニチ Sponichi Annex. (2014年1月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/01/22/kiji/K20140122007436520.html 2017年8月1日閲覧。 
  3. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 537, 「主要特撮作品配役リスト」
  4. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 273, 「『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』作品解説/俳優名鑑」

参考文献編集

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2 

外部リンク編集