メインメニューを開く

東我孫子駅

日本の千葉県我孫子市にある東日本旅客鉄道の駅

東我孫子駅(ひがしあびこえき)は、千葉県我孫子市下ケ戸にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)成田線我孫子支線)のである。

東我孫子駅
駅ホーム(2008年6月1日)
駅ホーム(2008年6月1日)
ひがしあびこ
Higashi-Abiko
*我孫子 (3.4km)
(2.9km) 湖北
所在地 千葉県我孫子市下ケ戸
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 成田線(我孫子支線)
キロ程 3.4km(我孫子起点)
電報略号 ヒコ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
729人/日(降車客含まず)
-2006年-
開業年月日 1950年昭和25年)10月12日[1]
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
* この間に東京支社千葉支社境界あり(当駅から湖北寄りは千葉支社管内)
テンプレートを表示

目次

歴史編集

列車交換だけの信号場として開設されたが、1950年に旅客駅として開業した[2]

年表編集

駅構造編集

単式ホーム2面2線を有する地上駅。ホームは嵩上げされていない。互いのホームは構内踏切で連絡している。

湖北駅管理の無人駅で、乗車駅証明書発行機、簡易Suica改札機(ホームの通路側に設置)設置駅。自動券売機はない。我孫子方面ホーム側の出入口付近に出札小屋があり、時間帯によっては駅員もしくは車掌が出張してくる。1971年頃までは2番線ホームの中ほどに駅舎・出入口があった。

2018年3月に駅の南口側に新たに駅名の看板が設置された。我孫子ゴルフ倶楽部の最寄駅であることからゴルフをモチーフとした看板になっており、「我」の字の点がゴルフボールとなっている。また北側と南側でデザインが異なっており、北側はグリーン部分をモチーフとした絵が背景なっており、南側は人工芝を背景として貼ったものとなっている。

当駅は北側と南側どちらからでも入場できるが、駅の入口には、普通の踏切とは違い「ここは駅改札口につき通り抜けできません」という看板が設置されている[注釈 1]。成田寄りに自動車も横断できる踏切がある。

のりば編集

JR東日本アプリにおける当駅の構内図においては番線に番号は振られていないが駅構内には番号が振られた看板がある。

番線 路線 方向 行先
1 成田線(我孫子支線) 下り 成田方面[7]
2 上り 我孫子上野方面[7]
  • 多くの列車が当駅で上り・下り列車の行き違い待ちをする。
  • 列車接近時及び上り列車発車時には構内踏切が遮断され、上下ホーム間の行き来が出来ない。

発車メロディ編集

発車メロディは1番線「ホリディ」、2番線「小川のせせらぎ」となっており、自動放送(アナウンス)は流れない。

1 ホリディ
2 小川のせせらぎ

利用状況編集

2006年度の乗車人員は1日平均729人である。

当駅の北側に常磐線天王台駅があり、一部を除きすべてが東京都心及び電車特定区間(割安な対キロ賃率)が適用されるため、天王台駅に流れる傾向にある。ただし、現在は新木駅と同様に微増の傾向にある。

千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均乗車人員
1990 593
1991 565
1992 603
1993 608
1994 607
1995 682
1996 668
1997 642
1998 702
1999 706
2000 715
2001 738
2002 720
2003 735
2004 732
2005 708
2006 729

駅周辺編集

阪東自動車本社
川村学園女子大学

周囲は住宅地となっている。北西は天王台、北東は下ケ戸、南西は東我孫子の住宅地が広がる。南東方にはゴルフ場「我孫子ゴルフクラブ」が広がる。

かつての駅舎前(南側)付近には酒店薬局そば店・郵便局などがある。常磐線天王台駅までは天王台住宅地を歩いて1km程度、手賀沼も1km程度である。

駅南側

駅北側

バス路線編集

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
東我孫子 1,2,3 湖北駅入口・新木駅入口 布佐駅南口 阪東自動車
14,15,17,19,20 団地中央・湖北台八丁目 湖北駅南口
16,18,21 団地中央・湖北台中学校
1,20,21 天王台駅・東我孫子車庫・市役所 我孫子駅
19 天王台駅・東我孫子車庫・第一小学校 休日1本のみ
2,15,16 天王台駅 東我孫子車庫
3,17,18 天王台駅

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
成田線(我孫子支線)
我孫子駅 - 東我孫子駅 - 湖北駅

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ この看板はかつて通り抜けによる人身事故が発生したため設置された

出典編集

  1. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、23頁。
  2. ^ 松井安俊「房総の駅百景 東我孫子駅」、千葉日報、1997年10月3日号
  3. ^ a b 「日本国有鉄道公示第244号」『官報』1950年10月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『鉄道ピクトリアル』第20巻第12号通巻245号、鉄道図書刊行会、昭和45年12月1日発行。成田線のCTC化に伴い、湖北-東我孫子間(佐倉起点42キロ)にある千葉鉄道管理局・東京北鉄道管理局界線を東我孫子-我孫子間(佐倉起点43キロ)に変更した。
  5. ^ 『鉄道ピクトリアル』第21巻第12号通巻258号pp.86f、鉄道図書刊行会、昭和46年12月1日発行。国鉄線区経営改善により昭和45・46年度に駅員無配置化となった。
  6. ^ 西崎さいき監修・全国停留場を歩く会編著、『無人駅探訪』、小学館、2011年6月20日発行。巻末「日本全国無人駅データベース」に「開業当初から無人駅」との記載がある。
  7. ^ a b 時刻表 東我孫子駅:JR東日本” (日本語). JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社. 2019年4月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集