東武ホキ1形貨車(とうぶホキ1がたかしゃ)は、かつて東武鉄道に在籍した事業用貨車ホッパ車)である。

東武ホキ1形貨車
ホキ1形貨車(上毛電気鉄道譲渡後、新里駅)
ホキ1形貨車(上毛電気鉄道譲渡後、新里駅
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 東武鉄道
製造所 富士重工業
製造年 1962年・1964年・1969年
製造数 10両
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 12,800 mm
全幅 2,742 mm
全高 2,900 mm
荷重 30 t
自重 18.0 t
テンプレートを表示

概要編集

日本国有鉄道(国鉄)ホキ800形に準じたバラスト輸送・撒布用貨車である。総数10両(ホキ1 - ホキ10)が富士重工業で製造された。ホキ1, ホキ2が1962年(昭和37年)2月製、ホキ3が1964年(昭和39年)製、ホキ4 - ホキ8が1969年(昭和44年)4月、ホキ9, ホキ10が同年5月製である。主に工事列車、定期貨物列車の機関車次位に併結されることが多かった。

運用区間は東武鉄道全線に及んだ。主な区間として本線北千住 - 葛生・第三会沢。東上線下板橋 - 寄居間と越生線の坂戸 - 越生間であった。なお、東上線に配属されていた2両は本線から転属してきたもので、他の東上線所属貨車同様「東上線常備車」と書かれていた。これは検査が本線の館林機関区内の貨車検修場(重要部検査は杉戸工場)で行われていたためである。ただし、トキ1形のように日本国有鉄道(国鉄)直通はしなかった。

廃車・譲渡編集

東上線貨物列車廃止と自社貨物列車削減、そして国鉄貨物縮小のあおりを受け、1988年(昭和63年)から廃車が始まった。この中で6両が他社へ譲渡され、秩父鉄道上毛電気鉄道茨城交通(鉄道部門は現、ひたちなか海浜鉄道)へ2両ずつ移籍した。他は解体され、形式消滅した。

秩父鉄道では、1990年(平成2年)にホキ9・ホキ10を譲受し、ホキ1形(ホキ1・ホキ2)となり、現在も使用されている。

上毛電気鉄道では、1987年(昭和62年)にホキ3・ホキ2を譲受し、ホキ1型(ホキ1・ホキ2)となった[1]。通常時は大胡車両区、あるいは新里駅に留置されているが、概ね春先にはデハ100型に牽引されてバラスト散布工事列車に使用されている。

茨城交通では、1990年(平成2年)にホキ7・ホキ8が導入されたものの入籍はせず、機械扱いとされており、通常は那珂湊駅に留置されている。また、車体標記が東武時代のままになっている。台車が国鉄貨車でよく見られるTR41Cではないのが特徴。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第12号、鉄道ジャーナル社、1987年10月、 136頁。