メインメニューを開く

東邦大学薬学部薬用植物園(とうほうだいがくやくがくぶやくようしょくぶつえん)は、東邦大学薬学部が管理運営する薬用植物園である。

東邦大学薬学部薬用植物園
東邦大学薬学部薬用植物園
東邦大学薬学部薬用植物園
施設情報
前身 帝国女子医学薬学専門学校薬草園
専門分野 薬用植物
事業主体 東邦大学
開園 1927年
所在地 274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
位置 北緯35度41分33秒 東経140度2分56秒 / 北緯35.69250度 東経140.04889度 / 35.69250; 140.04889座標: 北緯35度41分33秒 東経140度2分56秒 / 北緯35.69250度 東経140.04889度 / 35.69250; 140.04889
公式サイト www.lab2.toho-u.ac.jp/phar/yakusou/
テンプレートを表示

概要編集

1927年、本学の前身となる帝国女子医学薬学専門学校の設立と同時期に、東京都大田区大森に開設。1967年に習志野キャンパス(所在地は船橋市)のある当地に移転した。日本薬局方に収録された植物を中心とした「薬用植物見本園」、広義に『人の生活に役立つ植物』と捉えた「ハーブ園」、「薬木園」[1]および八千代市の薬草園で構成された。総敷地面積28000m2、保有植物数は約167科1250種[2]。そのうち八千代薬草園は、2019年2月7日に閉園となった[3]。特筆される保有植物には、トビカズラがある[2]

脚注編集

  1. ^ (日本植物園協会 2015, p. 28)
  2. ^ a b (日本植物園協会 2015, p. 278)
  3. ^ 八千代薬草園”. 東邦大学. 2019年7月24日閲覧。

参考文献編集

  • 日本植物園協会『日本の植物園』八坂書房、2015年6月25日。ISBN 978-4-89694-191-3