東郷 コウヘイ(とうごう こうへい、1976年7月3日 - )は、日本の男性ギタリスト神奈川県横須賀市出身。

東郷コウヘイ
Koheytogo2017.jpg
Kohey Togo 2017
基本情報
別名 Kohey Togo
KOHEY
KOHEY IWASE
GOTSUO
生誕 (1976-07-03) 1976年7月3日(44歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横須賀市
ジャンル ロック
ハード・ロック
ヘビー・メタル
J-POP
職業 ギタリスト
作曲家
作詞家
編曲家
レコーディング・エンジニア
担当楽器 ギター
ピアノ
ボーカル
活動期間 1998年 -
レーベル DRAGON GATE RECORDS
公式サイト Insfeel Official Website
SHOW舞CAN Official Website

概要編集

幼少よりクラシックピアノを学び、フォーク系プロプレイヤーだった父親の影響で小学校低学年の頃からアコースティックギターに親しむ。

エレキギターとの出会いは中学一年生の時。学生時代のバンド活動などを経て、19歳で伊藤心太郎に師事する。以降、楽曲提供などスタジオワークを中心に制作を続けた。

2002年SIAM SHADEのボーカル栄喜ソロプロジェクトのギターを担当することになり、国内でのプリプロダクション、L.Aでの初海外レコーディングなど経験を積む。帰国後はMI JAPAN東京校、学校法人イーエスピー学園にて講師を務め、後進の育成にも力を注いだ。

20代半ばで生きるか死ぬかの病気をし、あらためて自分が何をやりたいか考えた事がバンド活動を再開するきっかけとなる。現在はロックバンドInsfeelのリーダーとしてギター・ボーカルを務めながら多岐に渡り音楽制作とライブを行なっている。

来歴編集

  • 1998年、真行寺恵里1stアルバム、HARD VOLTAGEに参加[1]
  • 2002年、SIAM SHADEのヴォーカル栄喜(未来)のソロプロジェクトに参加。国内における全楽曲のアレンジ、プリプロダクションを作成しロサンゼルスにて現地ミュージシャン達とのレコーディングを敢行。MI Japan東京校、イーエスピー学園にて講師を務める
  • 2007年、ハードロックバンドATLANTIS結成
  • 2008年、フルアルバムBlueSkyをリリース(バウンディ:XQCC-1006)
  • 2010年、メンバーチェンジを繰り返した後、ATLANTIS解散
  • 2010年11月、より強固なバンドとしてのアイデンティティーを築き上げる為、ATLANTISのドラマーSatoshiと共にハードロックバンドInsfe:l結成[2]
  • 2013年、フルアルバムIntranceをリリース。(スペースシャワーネットワーク: XQCC-1029)東名阪ツアーを行う
  • 2013年11月、東郷コウヘイ名義でミニアルバムGo To Hevenリリース(ポニーキャニオン:PCCR-90065)
  • 2014年、ドラマー野口雅彦と意気投合しプログレッシブインストユニットRed&Whiteを結成[3]
  • 2017年4月、Insfeelボーカルの脱退によりボーカルとギターを兼任する
  • 2018年10月、音楽活動20周年として「GO TO HEAVEN.EP」をリリース(ドラゴンゲートレコード:DGTR-1020)
  • 2018年11月、ソロ活動を開始する。1st配信シングル「Christmas」をリリース[4]

音楽性・エピソード編集

ディスコグラフィー編集

配信シングル編集

発売日 タイトル 収録曲
1st 2018年11月7日 Christmas Christmas
2nd 2019年4月1日 Far away Far away

ミニアルバム編集

発売日 タイトル 収録曲
1st 2013年11月20日 GO TO HEAVEN
(規格品番:PCCR-90065)
2nd 2018年10月17日 GO TO HEAVEN.EP
(規格品番:DGTR-1020)

参考文献編集

  • YOUNG GUITAR(2016年6月号)[6]株式会社シンコーミュージックエンターテイメント2016年5月10日発売(INTERVIEW・Insfeel東郷コウヘイ)
  • ミニアルバム『Go To Heven』(ポニーキャニオン:PCCR-90065)ライナーノーツ・中澤矢束

メディア編集

テレビ番組編集

雑誌編集

脚注編集

  1. ^ Do you remember・作曲(GOTSUO名義)
  2. ^ のち2015年にInsfe:lからInsfeelに改名。詳しくはInsfeelページ参照
  3. ^ のち2016年11月にベースの佐藤崇が加入
  4. ^ 1作目のジャケットイラストとベースは1K(from Insfeel)が担当
  5. ^ Combat guitars・ARGUS
  6. ^ YOUNG GUITAR(2016年6月号)

外部リンク編集