メインメニューを開く

松前山 熊義(まつまえやま くまよし、1909年8月5日 - 1984年3月3日は、高島部屋に所属した力士。本名は川崎 熊義。現在の北海道函館市出身。173cm、87kg。最高位は西前頭筆頭。

目次

経歴編集

1925年5月場所で「巴港山」の四股名で初土俵を踏む。休場もあって2年程序ノ口に留まっていたが、1928年1月場所で序ノ口優勝を果たしてからは順調に番付を上げ、1932年2月場所で十両昇進を果たした。十両は1年程で通過し、1933年5月場所で新入幕。入幕後も番付を上げ、連続して8場所在位した。1934年5月場所3日目には大関・武蔵山を破り、翌1935年1月場所では最高位の前頭筆頭に進み小結・双葉山に勝つなど、一時は双葉山とともに将来を有望視された。しかしその後は病気もあって精彩を欠き、1937年5月場所で十両陥落、1938年1月場所限りで28歳の若さで廃業した。

主な成績編集

  • 通算成績:147勝123敗17休 勝率.544
  • 幕内成績:42勝46敗 勝率.477
  • 現役在位:26場所
  • 幕内在位:8場所
  • 各段優勝
    • 序ノ口優勝:1回(1928年1月場所)

場所別成績編集

松前山熊義
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1925年
(大正14年)
x x (前相撲) x
1926年
(大正15年)
(前相撲) x 西序ノ口22枚目
3–3 
x
1927年
(昭和2年)
東序ノ口6枚目
0–0–6 
東序ノ口6枚目
0–0–6 
新序
3–0 
序ノ口
6–0 
1928年
(昭和3年)
東序ノ口13枚目
優勝
6–0
西序二段28枚目
5–1 
西序二段8枚目
2–4 
西序二段8枚目
5–1 
1929年
(昭和4年)
西三段目20枚目
1–5 
西三段目20枚目
4–1 
西三段目38枚目
4–2 
西三段目38枚目
4–2 
1930年
(昭和5年)
西三段目11枚目
4–2 
西三段目11枚目
2–4 
東三段目15枚目
5–1 
東三段目15枚目
4–2 
1931年
(昭和6年)
西幕下22枚目
2–4 
西幕下22枚目
4–2 
東幕下17枚目
4–2 
東幕下17枚目
3–3 
1932年
(昭和7年)
東十両5枚目
5–3 
東十両5枚目
7–3 
西十両筆頭
7–4 
西十両筆頭
3–8 
1933年
(昭和8年)
西十両6枚目
8–3 
x 東前頭15枚目
7–4 
x
1934年
(昭和9年)
東前頭8枚目
7–4 
x 西前頭3枚目
6–5 
x
1935年
(昭和10年)
西前頭筆頭
3–8 
x 東前頭8枚目
6–5 
x
1936年
(昭和11年)
東前頭6枚目
5–6 
x 東前頭10枚目
4–7 
x
1937年
(昭和12年)
東前頭14枚目
4–7 
x 西十両筆頭
2–6–5 
x
1938年
(昭和13年)
西十両12枚目
引退
2–11–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  • 1932年1月番付では幕下西8枚目

改名歴編集

  • 巴港山 熊義(ともえみなとやま くまよし)1925年5月場所 -
  • 八甲山 - 1932年1月場所
  • 松前山 熊義(まつまえやま くまよし)1932年2月場所 - 1936年5月場所
  • 渡嶋洋 公義(おしまなだ きみよし)1937年1月場所
  • 松前山 熊義(まつまえやま くまよし)1937年5月場所 - 1938年1月場所

参考文献 編集

  • 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709

関連項目編集

外部リンク編集