メインメニューを開く

松前 高広(まつまえ たかひろ)は、江戸時代大名蝦夷地松前藩(正式には交代寄合)の4代藩主。

 
松前高広
時代 江戸時代前期
生誕 寛永20年(1643年
死没 寛文5年7月5日1665年8月15日
改名 千勝(幼名)、高広
戒名 松前院殿漢臣利永大居士
墓所 北海道松前郡松前町 大洞山法憧寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
蝦夷松前藩
氏族 松前氏
父母 父:松前氏広、母:蠣崎友広
兄弟 高広松前広守
正室蠣崎利広
矩広伊沢忠広、弥六郎、仙子(松前当広室)

生涯編集

寛永20年(1643年)、3代藩主・松前氏広の長男として蝦夷福山館にて生まれる。慶安元年(1648年)、父の死去により跡を継ぐ。しかし僅か6歳のため、藩政は高祖父の松前慶広の甥・蛎崎友広蛎崎利広らによって執行された。承応2年(1653年)、湯の川温泉にて湯治を行う。

アイヌの集団であるメナシクルシュムクルとの抗争が激化したため、承応4年/明暦元年(1655年)、仲介に入り講和させるが寛文年間には再び抗争が激化した。

寛文5年(1665年)7月5日に23歳で死去した。跡を長男・矩広が継いだ。