松原浩

松原 浩(まつばら ひろし、1968年 - )は、日本のテレビドラマディレクター演出家テレビプロデューサー

目次

人物・経歴編集

岐阜県出身。岐阜県立大垣北高等学校を経て、一橋大学法学部卒業[1]TBSでドラマ『高校教師』や『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』など、野島伸司脚本作品を多く担当。TBSテレビ制作局制作一部プロデューサーを経て、2010年から日テレアックスオン所属[2][3]

手掛けた作品編集

テレビドラマ編集

演出・演出補
プロデュース・プロデューサー補

テレビ番組編集

演出

著書編集

  • 植木理恵と共著)『ココロの盗み方教えます』光文社2012年

脚注編集

  1. ^ 「著者略歴 『ココロの盗み方教えます』光文社2012年
  2. ^ 「プレミアムドラマ「プラトニック」 オールジャパンで作ってます」NHK2014年07月04日 (金)
  3. ^ 「「世界の終わりに咲く花」~新人助監督奮闘記」日テレアックスオン