メインメニューを開く

松山・小倉フェリー株式会社(まつやま・こくらフェリー)は、愛媛県松山市に本社を置く海運会社である。

松山・小倉フェリー株式会社
Matsuyama・Kokura ferry Co.,Ltd
本社が入居する松山観光港ターミナル (愛媛県松山市)
本社が入居する松山観光港ターミナル
(愛媛県松山市)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
791-8081
愛媛県松山市高浜町5丁目2259-1
松山観光港ターミナル内
設立 2013年(平成25年)4月1日
業種 海運業
法人番号 6500001017334
代表者 代表取締役会長 清水 一郎
代表取締役社長 武智 昌一
主要株主 石崎汽船 100%
外部リンク http://www.matsuyama-kokuraferry.co.jp/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 2013年(平成25年)1月10日 - 石崎汽船の100%子会社として設立する。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 前日までフェリーさんふらわあが運航していた 松山 - 小倉航路を継承する。[1]
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 消費税増税に伴い、運賃の改定を実施する(~6月30日まで)。
    • 12月26日 - 「マイカー早割・バイク・自転車の早割プラン」を廃止する。[2]
  • 2015年(平成27年)1月1日 - 運賃・料金及び燃料油価格変動調整金の改定を実施する(~3月31日まで)。
    • 1月10日 - 「往復割引」の値下げ幅を30%から10%に変更する。[3]
    • 4月1日 - 運賃・料金及び燃料油価格変動調整金の改定を実施する(~6月30日まで)。
    • 7月1日 - 運賃・料金及び燃料油価格変動調整金の改定を実施する(~9月30日まで)。
    • 10月1日 - 運賃・料金及び燃料油価格変動調整金の改定を実施する(~12月31日まで)。
  • 2019年(平成31年)3月28日 - 所有フェリー2隻をリニューアル完了[4]
    • 4月1日 - 基本運賃を平均10%値上げ[4]

航路編集

船舶編集

1986年6月竣工、1987年4月27日就航。4,277総トン、全長119.0m、幅21.0m、出力11,200馬力、航海速力18.0ノット(最大21.6ノット)。
旅客定員530名。車両搭載数:トラック73台・乗用車41台。来島どっく大西工場建造。フェリーさんふらわあ時代から継続して運航している。
1986年6月竣工、1987年9月23日就航、2003年改造。4,238総トン。全長119.0m、幅21.0m、出力11,200馬力、航海速力18.0ノット(最大21.5ノット)。
旅客定員530名。車両積載数:トラック73台・乗用車41台。新来島どっく大西工場建造。フェリーさんふらわあ時代から継続して運航している。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 松山-小倉航路存続へ 石崎汽船子会社が運航 - 愛媛新聞ONLINE(2013年2月23日)
  2. ^ “マイカー早割・バイク・自転車の早割プランの廃止について”. 松山・小倉フェリー(株). (2014年11月1日). http://www.matsuyama-kokuraferry.co.jp/image/pdf/20141101.pdf 2015年9月22日閲覧。 
  3. ^ “往復割引の変更について”. 松山・小倉フェリー(株). (2014年11月1日). http://www.matsuyama-kokuraferry.co.jp/image/pdf/20141101.pdf 2015年9月22日閲覧。 
  4. ^ a b フェリーの全面リニューアルについて - 松山・小倉フェリー(2019年1月15日)

外部リンク編集