メインメニューを開く

株式会社フェリーさんふらわあ(英名:Ferry Sunflower Limited.)は、大分県大分市に本社を置く海運会社。本部事務所は兵庫県神戸市にある。

株式会社フェリーさんふらわあ
Ferry Sunflower Limited.
本社が存在する西大分港フェリーターミナル (大分県大分市)
本社が存在する西大分港フェリーターミナル
大分県大分市
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
大分県大分市生石5丁目3番1号
本店所在地 兵庫県神戸市東灘区向洋町東3-21(本部)
設立 2009年10月23日
業種 海運業
法人番号 5320001001695
事業内容 旅客・貨物の営業業務
代表者 黒石眞(代表取締役会長)
井垣篤司(代表取締役社長)
資本金 1億円
売上高 134億円(2016年)[1]
純利益 9億円(2018年12月31日時点)[2]
総資産 330億4500万円(2018年12月31日時点)[2]
従業員数 350人(2016年)[1]
主要株主 (株)商船三井(99%出資[3][1]
外部リンク http://www.ferry-sunflower.co.jp/
テンプレートを表示
神戸本部(ダイヤモンドフェリー本部時代)

大阪商船別府温泉の観光開発を目的として開設しのちに関西汽船フェリー化した阪神・別府航路や、ダイヤモンドフェリーが日本で2番目の長距離フェリー航路として開設した神戸・大分航路などを引き継ぎ、商船三井フェリー登録商標さんふらわあ[4]の船名を使用して長距離フェリーを運航している。

目次

沿革編集

  • 1884年(明治17年) - 大阪商船会社(1893年より大阪商船、現商船三井)設立。
  • 1907年(明治40年) - 大阪商船に内航部新設。
  • 1912年(明治45年) - 大阪商船が阪神・別府航路を開設。
  • 1942年(昭和17年) - 大阪商船が内航部を分離し、瀬戸内海航路を経営する摂陽商船、阿波国共同汽船、宇和島運輸、土佐商船などとともに関西汽船を設立。
  • 1968年(昭和43年) - 阪神地区の内航船会社や寄港地となる大分と愛媛の企業代表者10名が発起人となり、九四阪神フェリーを設立。
  • 1969年(昭和44年) - 九四阪神フェリーがダイヤモンドフェリーに社名変更
  • 1970年(昭和45年) - ダイヤモンドフェリーが神戸・大分航路で営業開始、同年松山寄航開始
  • 2000年(平成12年) - ブルーハイウェイラインが大阪・志布志航路を分社化し、ブルーハイウェイライン西日本を設立
  • 2005年(平成17年) - ダイヤモンドフェリーと関西汽船(株)が営業組織を統合し、「フェリーさんふらわあ」(共同運航センター)を設立
  • 2006年(平成18年) - 西大分港再開発に伴い、大分港のフェリーターミナルを移転。
  • 2007年(平成19年) - ダイヤモンドフェリーが(株)ブルーハイウェイライン西日本と合併し、大阪・志布志航路を継承
  • 2009年平成21年)10月23日商船三井の100%子会社として設立。共同持株会社としてダイヤモンドフェリーと関西汽船の株式を移転し子会社化。
  • 2009年(平成21年)11月1日 – 両社の営業業務を引き継ぎ営業開始する。
  • 2011年(平成23年)10月1日 – 子会社のダイヤモンドフェリーと関西汽船を合併する。
  • 2012年(平成24年)5月28日 – 旧大阪商船によって開設された阪神・別府航路が開設100周年を迎える。
  • 2013年(平成25年)3月31日 - 小倉 - 松山航路を運航終了し撤退。翌日より松山・小倉フェリーに航路を継承。
  • 2017年(平成29年)
    • 1月31日 - 大阪 - 志布志航路の大阪側ターミナルを、南港かもめフェリーターミナルからコスモフェリーターミナルへ移転[5]
    • 9月29日 - 大阪市港湾局の提案型ネーミングライツ制度第一号として、大阪南港コスモフェリーターミナルの命名権を10年間取得し10月1日より「さんふらわあターミナル(大阪)」と命名[6]
    • 12月15日 - 2018年8月29定 - 「さんふらわあ ぱーる」が機関故障のため長期運休[7][8]
  • 2018年(平成30年)
    • 4月27日 - 大阪 - 志布志航路「さんふらわあ さつま」(2代目)の船名を「さんふらわあ さつま1」に変更[9]
    • 5月15日 - 大阪 - 志布志航路に「さんふらわあ さつま」(3代目)就航[10]
    • 5月17日 - 8月26日 - 神戸 - 大分航路「さんふらわあ ぱーる」長期運休の代替として、「さんふらわあ さつま1」を用い神戸 - 別府間の臨時航路を運航[11][8]
    • 9月15日 - 大阪 - 志布志航路に「さんふらわあ きりしま」(2代目)就航[10][12]
    • 10月2日 - 「さんふらわあ きりしま」(2代目)を「さんふらわあ きりしま1」に改名のうえ機関トラブルの代船として使用。
    • 12月16日 - 機関トラブルの代船として使用されていた「さんふらわあ きりしま1」が引退。

航路・船舶編集

 
「さんふらわあ あいぼり」(関西汽船時代) - 別府国際観光港
 
「さんふらわあ こばると」(関西汽船時代) - 神戸港ポートターミナル
 
「さんふらわあ ごーるど」(ダイヤモンドフェリー時代) - 大阪南港
大阪 - 別府航路(大阪港 南港コスモフェリーターミナル - 別府港 別府観光港フェリーターミナル、旧 関西汽船
1997年3月竣工、同年12月6日就航。航海速力22.4ノット(最大24.8ノット)、9,245総トン、全長153.0m、幅25.0m、出力27,000馬力
旅客定員710名(平水1,050名)。車両搭載数:トラック100台・乗用車100台。三菱重工業下関造船所建造。
かつて運航されていた小豆島季節便にも就航していた。
1997年6月竣工、1998年4月8日就航。航海速力22.4ノット(最大24.2ノット)。以下「さんふらわあ あいぼり」と同じ。
神戸 - 大分航路(神戸港 六甲アイランドフェリーターミナル - 大分港 西大分港フェリーターミナル、旧 ダイヤモンドフェリー
2007年11月21日就航。11,380総トン。全長165.5m、幅27.0m、出力24,480馬力、航海速力23.2ノット。
旅客定員780名。車両積載数:トラック147台・乗用車75台。三菱重工業下関造船所建造。
2008年1月16日就航。以下「さんふらわあ ごーるど」と同じ。
大阪 - 鹿児島航路(大阪港 南港コスモフェリーターミナル - 志布志港、旧 ダイヤモンドフェリー)
2018年5月15日就航。13,659総トン、全長192.0m、幅27.0m、出力17,660kW、航海速力23ノット。
旅客定員709名。車両積載数:13m大型トラック121台・乗用車(5m未満)140台。ジャパン マリンユナイテッド磯子工場建造。
2018年9月15日就航。以下「さんふらわあ さつま (3代)」と同じ。

過去に運行されていた航路・船舶編集

 
「フェリーくるしま」 - 松山港
 
「さんふらわあ きりしま(初代)」 - 大阪南港
  • 大阪 - 小豆島航路(大阪港 南港コスモフェリーターミナル - 坂手港、旧 関西汽船
    • 2011年夏季をもって休止[14]
    • 就航船:さんふらわあ あいぼり・さんふらわあ こばると
  • 小倉 - 松山航路(小倉砂津港フェリーターミナル - 松山観光港ターミナル、旧関西汽船 2011年 - 2013年3月31日[15]
    • 2011年4月1日より松山・小倉フェリーが同航路を継承[16]
    • フェリーくるしま
      1986年6月竣工、1987年4月27日関西汽船に就航。4,277総トン、航海速力18.0ノット(最大21.6ノット)。
    • フェリーはやとも2
      1986年6月竣工、1987年9月23日関西汽船に就航、2003年改造。4,238総トン。航海速力18.0ノット(最大21.5ノット)。
    いずれも、全長119.0m、幅21.0m、出力11,200馬力。旅客定員530名。車両積載数:トラック73台・乗用車41台。新来島どっく大西工場建造。
  • 大阪 - 志布志航路
    • さんふらわあ さつま (2代)
      1993年3月15日竣工、同月24日就航、1997年改造。12,415総トン、航海速力23.3ノット(最大25.7ノット)。
      2008年1月のドック入りの際、ファンネルマークが「Dマーク」に変更され、更にその後さんふらわあオレンジ(船体側面のサンマークにおけるフレア部分の色)に塗装され、Dマークは姿を消した。
      2018年4月に3代目さんふらわあ さつま就航に先立ちさんふらわあ さつま1に改名し5月17日からは「さんふらわあ ぱーる」長期運休の代替として神戸 - 別府の臨時航路にて8月26日まで運航し、その後輸出された。
    • さんふらわあ きりしま (初代)
      1993年8月26日就航、1997年改造。12,418総トン、航海速力23.5ノット(最大25.5ノット)。
      2018年10月2日よりさんふらわあ きりしま1に改名し新造船の整備運休に伴う代船として運航し12月16日に引退。
    いずれも、全長186m、幅25.5m、出力34,200馬力。旅客定員782名。車両積載数:トラック175台・乗用車140台。
    三菱重工業下関造船所建造。船籍港は東京から後に大阪に変更された。

利用促進策編集

2011年2月、客離れを防止するため往復とも船中泊の0泊3日プラン「弾丸フェリー」を神戸 - 大分、大阪 - 別府・志布志の各航路で販売開始した。サッカーワールドカップで人気を集めた「弾丸ツアー」をヒントに企画され[1]、滞在時間が限られるといった制約はあるものの、最も安い場合は往復1万円という運賃が人気を呼んで利用者全体の2 - 3割を占めているとされる[17]

2011年には阪神・別府航路の開設100周年を記念したキャンペーンを行いスタンプラリーの開催、レストランの記念メニューの提供、オリジナルグッズの販売、10月8日には大阪発別府行きで1975年の昼行便廃止以来36年ぶりに別府航路の昼行運航を行う「よみがえる昼の瀬戸内航路」などを行った[18][19][20]。なお、100周年キャンペーン終了後も年4回の頻度で「昼の瀬戸内感動クルーズ」と銘打って神戸→大分間での昼間運航を行っている[21]

2012年9月には、昭和の町がある大分県豊後高田市の協力でさんふらわあぱーるの船内に「昭和レトロなお部屋」を再現し、乗船者は無料で見ることができた。なお、好評だったため、2013年1-3月、5月-7月にも実施されている[22][23]

2013年6月1日からは、神戸 - 大分、大阪 - 別府・志布志(志布志航路は2018年まで)の各航路で「くまモン」、神戸 - 大分、大阪 - 別府の各航路で「ハローキティ」のキャラクタールームを設置。カーテン、シーツ、クッションなどがキャラクターを描いたものになっている[24]。また、2014年から2018年には大阪 - 志布志航路で「ぐりぶーとさくらの仲良しルーム」を設置していた。

高速バスとの連携も行われており、大分港では「パシフィックライナー」(大分-宮崎線)と接続しており、西大分港前の「王子港町」バス停にて、西大分港到着に合わせて宮崎行き2便、西大分港出港に合わせて大分(王子港町)行き1便が接続している。志布志港では鹿児島交通「さんふらわあライナー」(志布志 - 鹿児島中央駅 - 鹿児島港南ふ頭)と接続し、フェリー乗船客は無料乗車が可能となっている。

脚注編集

  1. ^ a b c d 関西発 ヒット&ロングラン 弾丸フェリー(さんふらわあ) - YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2018年1月17日
  2. ^ a b 株式会社フェリーさんふらわあ 第51期決算公告
  3. ^ 企業概要 - フェリーさんふらわあ(2017年5月11日閲覧)
  4. ^ 登録商標 日本第3001824号。
  5. ^ フェリーさんふらわあ、大阪南港コスモFTへ来年1月移転 - WEB CRUISE
  6. ^ フェリーさんふらわあ/大阪南港コスモフェリーターミナルの命名権を取得 - LNEWS
  7. ^ 【重要なお知らせ】さんふらわあぱーる欠航について - Ways(JAFメディアワークス)
  8. ^ a b 「さんふらわあ ぱーる」復旧、8月29日より運航再開 神戸~大分航路 - Traicy(2018年7月5日)
  9. ^ お知らせ さんふらわあさつま船体名称変更のお知らせ - フェリーさんふらわあ(2018年4月27日)
  10. ^ a b 大阪⇔志布志航路 新造船 「さんふらわあさつま」就航日決定のお知らせ - SankeiBiz(2018年2月21日)
  11. ^ 重要 神戸ー別府航路 臨時便のお知らせ - フェリーさんふらわあ(2018年4月20日)
  12. ^ a b 新「さんふらわあきりしま」9月就航 大阪~志布志航路は新造船2隻体制に”. 乗りものニュース (2018年6月26日). 2018年6月28日閲覧。
  13. ^ Fさんふらわあ、新造船「さんふらわあさつま/きりしま」に決定”. Web CRUISE (2017年1月31日). 2017年1月31日閲覧。
  14. ^ 大阪-小豆島を休航 フェリーさんふらわあ - 産経MSN 2011年11月9日(Internet Archive)
  15. ^ 小倉・松山航路中止のお知らせ - フェリーさんふらわあ プレス・リリース(2013年1月23日). 2013年1月24日閲覧。
  16. ^ 松山〜小倉航路の新規許可について (PDF) (四国運輸局プレスリリース、2013年4月5日閲覧)
  17. ^ 0泊3日九州強行軍の旅いかが 弾丸フェリーが人気 - 神戸新聞(2013年2月18日)
  18. ^ 阪神・別府航路開設100年記念サイト
  19. ^ プレスリリース 2011年5月23日
  20. ^ さんふらわあ今昔物語Vol.7 栄光の別府航路#3 - カジュアルクルーズさんふらわあ
  21. ^ 瀬戸内海を横断する絶景の船旅! / フェリーさんふらわあ『昼の瀬戸内感動クルーズ』 - 瀬戸内Finder(せとうち観光推進機構
  22. ^ さんふらわあぱーるの船内に昭和レトロ部屋 - 大分合同新聞、2013年1月16日
  23. ^ 大人気企画!前回テレビなど多数メディアでとりあげられた「昭和レトロ部屋」が、さんふらわあぱーるの船内に再び登場 - フェリーさんふらわあ、2013年5月21日
  24. ^ 船旅くまモンずくめ さんふらわあ予約好調 - 大分合同新聞、2013年6月7日

関連項目編集

外部リンク編集