メインメニューを開く
松岡俊三

松岡 俊三(まつおか としぞう、1880年明治13年)7月14日[1]1955年昭和30年)2月16日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会自由党)、拓務政務次官ジャーナリスト

経歴編集

山形県北村山郡楯岡村(現在の村山市)出身[3]1899年(明治32年)に浄土宗大学を卒業した後、日本法律学校(現在の日本大学)で学んだ[2]日露戦争に従軍[2]都新聞社に入り、政治部記者、副社長、常任監査役、編集顧問を歴任した[3]

1920年(大正9年)の第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第21回に至るまで7回当選を果たし、米内内閣で拓務政務次官を務めた。

雪害救済運動に取り組み、雪の日本社を創設して機関紙「雪の日本」を発刊した[2]。また朝鮮の古乾原に植林事業を起こし、松岡林業所を経営した[2]

戦後は公職追放となり[4]、その後山形県大高根村に松岡開拓団を組織し、雪の観音郷開拓農業協同組合理事長を務めた[2]

追放解除後の1952年(昭和27年)の第25回衆議院議員総選挙で返り咲きを果たし、第26回で再選された。

著書編集

  • 『惨酷を極むる雪害地の地租解剖』(雪の日本社、1931年)
  • 『凶作克服より報恩更生へ』(雪国更生協会、1935年)
  • 『雪国地方地租軽減 土地賃貸価格調査者必携』(雪国更生協会、1935年)

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第61回帝国議会衆議院議員名簿』、1932年。
  2. ^ a b c d e f 衆議院議員名鑑 1962.
  3. ^ a b 衆議院要覧 1942.
  4. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。

参考文献編集

  • 『衆議院要覧(乙)昭和十七年十一月』衆議院事務局、1942年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。