メインメニューを開く

松平 吉透(まつだいら よしとお)は、江戸時代中期の大名出雲国松江新田藩主、のち松江藩4代藩主。官位従四位下出羽守侍従。直政系越前松平家宗家4代。

 
松平吉透
時代 江戸時代中期
生誕 寛文8年7月16日1668年8月23日
死没 宝永2年9月6日1705年10月23日
改名 幸松(幼名)→近憲(初名)→吉秀→吉透
別名 通称:頼母
戒名 源林院殿真誉覚道俊巌大居士
墓所 島根県松江市外中原町の月照寺
官位 従五位下民部少輔従四位下出羽守侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
出雲松江新田藩主→出雲松江藩
氏族 越前松平家支流松江松平家
父母 父:松平綱隆、母:平賀氏娘・養法院
兄弟 大学、弁丸、小次郎、綱近吉透
津与、豊姫、清
正室:松平昌勝娘・清寿院
側室:内田氏
宣維
テンプレートを表示

生涯編集

寛文8年(1668年)7月16日、2代藩主・松平綱隆の五男として誕生。元服の際には、兄で3代藩主となった綱近から偏諱を与えられて近憲(ちかのり)と名乗る。また、元禄14年(1701年)10月25日には綱近から1万石を分与されて松江新田藩主となり、同年12月6日には従五位下・民部少輔に叙任された。綱近には世継ぎとなる子が夭折しておらず、自らも眼病を患ったため、元禄17年(1704年)2月23日に近憲を世継ぎとした。

宝永元年(1704年)5月29日、兄の隠居に伴い家督を相続した。同年6月5日に出羽守に遷任する。同年11月13日、5代将軍・徳川綱吉から偏諱を授かり、近憲から吉秀(よしひで)と改名(する時期・理由不明ながら後に「」を加えた吉透(よしとお)に改名)。さらに従四位下に昇叙し、侍従を兼任した。しかし家督相続から1年後の翌宝永2年(1705年)9月6日、江戸で死去した。享年38。跡を次男・宣維が継いだ。