メインメニューを開く

松平 定知(まつだいら さだとも、正保2年(1645年) - 宝永5年3月6日1708年4月26日))は、江戸時代中期の旗本三河国刈谷藩の嫡子だった。松平定政の長男。母は永井尚政の娘。弟に松平定清松平定澄

刈谷藩2代藩主となるはずだったが、父定政が慶安4年(1651年)に3代将軍徳川家光の死去後、無届で東叡山寛永寺で遁世落髪したため、狂気の沙汰として改易される。このため父に連座して蟄居した。寛文12年(1672年)に父が死去した後、江戸に召し返され1500俵を与えられて寄合に列する。元禄10年(1697年)に下野国安蘇郡で1500石を与えられ、弟の定澄とともに定政系の旗本久松松平家として存続した。