松平定行

江戸時代前期の大名。遠江掛川藩主、伊勢桑名藩主、伊予松山藩初代藩主。定勝系久松松平家宗家2代。従四位下河内守、隠岐守、侍従。松平定勝の次男。

松平 定行(まつだいら さだゆき)は、江戸時代前期の大名遠江国掛川藩主、伊勢国桑名藩主、伊予国松山藩の初代藩主。定勝系久松松平家宗家2代。官位従四位下隠岐守侍従於大の方は祖母、徳川家康は伯父にあたる。

 
松平定行
時代 江戸時代前期
生誕 天正15年(1587年
死没 寛文8年10月19日1668年11月23日
改名 定行、松山、勝山
戒名 眞常院殿前侍従道賢勝山大居士
墓所 愛媛県松山市祝谷の常信寺
官位 従四位下河内守隠岐守侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光家綱
遠江掛川藩主→伊勢桑名藩主→伊予松山藩
氏族 久松松平家
父母 父:松平定勝
母:たつ(奥平信昌養女)
兄弟 松尾君、定吉定行定綱阿姫定実、紀為君、定房、菊君、定政、鶴君、玉君
正室長寿院殿島津忠恒養女)
継室浄蓮院殿(島津忠恒養女)
定頼、月船賢順、女子、おまん、倶君、菊姫
養女松平忠倶正室
テンプレートを表示

生涯編集

天正15年(1587年)、松平定勝の次男として生まれる。母は奥平信昌の養女(奥平貞友の次女)・たつ。慶長6年(1601年)、伯父の家康に初めて拝謁した。慶長7年(1602年)、従五位下・河内守に任ぜられる。次男であるが本家とは別に近江国蒲生郡のうち2千石を賜った。翌年、兄の定吉の早世により嫡子となる。慶長10年(1605年)9月、家康の命により島津忠恒(家久)の養女を室とする。慶長12年(1607年)、父の定勝より掛川城3万石を譲られ、嫡子のまま大名となった。大坂の陣では定勝と共に伏見城を警衛した。

元和3年(1617年)、定勝の世子になり、掛川を幕府に還付し桑名に移った。寛永元年(1624年)、定勝の卒去により桑名藩11万石を継承した。3年後、隠岐守に転任されまた従四位下に昇進された。寛永11年(1634年)、従甥の徳川家光の上洛に際し、途上の桑名より供奉し、家光の参内前に侍従に叙任された。家光の参内では騎馬の供奉を勤めた。

寛永12年(1635年)、家光の命により伊予松山藩に4万石の加増転封となった。中四国へは初の家門入部であり、これは西国の外様への牽制と警戒のための処置であったとされる。寛永16年(1639年)に松山城天守を5重から3重に改築した。正保元年(1644年)に長崎探題[1]に就任し、異国船との交渉に当り、鎖国制度の完成に貢献した。家光薨去後の慶安4年(1651年)、幼将軍徳川家綱を補佐するため溜之間詰に任ぜられた。同席は保科正之(家綱叔父)、松平頼重(家光従弟)、井伊直澄(譜代筆頭石高)。一方で同年、幕政批判を行い勝手に剃髪出家した弟の松平定政(三河国刈谷藩2万石)が改易となり、定政一家は定行に預けられ蟄居処分となった。定行に連座は無かった。以降、定政は定行の国許の伊予国松山で暮らした。

万治元年(1658年)、72歳で隠居し、家督を嫡男の定頼に譲って松山東野御殿に退き、松山(しょうざん)と称した(のちに勝山と改める)。これにより勝山公と奉称された。東野御殿では俳諧茶道に親しむなど悠々自適の生活を送り、寛文8年(1668年)、東野御殿にて卒去した。享年82。

正室は長男定頼の生母。元和4年(1618年)卒去。長寿院殿月窓貞泉大姉と贈られた。当初は桑名長寿院に葬られたが、定行の移封に伴い菩提を弔うため松山城下に長寿院(のちの法龍寺)が造営され、位牌が祀られた。継室は前室長寿院殿の養妹。明暦4年(1658年)、江戸で卒去。江戸麻布曹渓寺で火葬され、蓮香院殿湖月貞鑑大姉と号を贈られた。遺骨は松山長寿院(法龍寺)に送られ、改めて浄蓮院殿湖月貞鑑大姉と号が贈られ、埋葬された。

系譜編集


脚注編集

  1. ^ のちの幕政に正式にある役名ではない。
  2. ^ 母は島津義弘長女・御屋地。
  3. ^ 母は島津義弘次女・千鶴。
  4. ^ a b 寛政譜などの系図には記載されていない。
  5. ^ 生母は松平定勝の娘正寿院。

関連項目編集

先代:
松平定勝
定勝流久松松平氏当主
1624年 - 1658年
次代:
松平定頼