メインメニューを開く

松平 家広(まつだいら いえひろ)は、安土桃山時代の武将。松平忠正の子。

 
松平家広
時代 安土桃山時代
生誕 天正5年(1577年
死没 慶長6年6月14日1601年7月13日
改名 亀千代(幼名)→家広
別名 内膳正
戒名 西照院運誉林月道曜大居士
主君 徳川家康
武蔵松山藩
氏族 桜井松平家
父母 父:松平忠正
母:多劫姫久松俊勝の娘)
養父:松平忠吉
兄弟 家広
異父弟:信吉忠頼保科正貞北条氏重
異父妹:大涼院黒田長政継室)、清元院安部信盛正室)、貞松院小出吉英正室)、高運院加藤明成正室)など[1]
養子:忠頼

生涯編集

年少の時に父・忠正が死去し、跡を継いだ叔父忠吉もほどなく死去したために5歳で家督を継いだ。天正12年(1584年)に小牧の戦い酒井忠次の軍勢に加わり、功績を挙げる。天正18年(1590年)、徳川家康の関東入封に伴って武蔵国松山城と1万石(後に2万5,000石)が与えられ、初代松山藩主となった。慶長6年(1601年)、25歳で死去。死因は病死と言われているが、家老の堀勘兵衛を殺害したことによって家康の勘気を蒙って自害したとも伝えられる。

家督は従弟の忠頼(忠吉と再婚した多劫姫所生の子であるため異父弟にもあたる)が相続した。

脚註編集