メインメニューを開く

松平 忠利(まつだいら ただとし、慶長10年(1605年) - 元禄元年4月29日1688年5月28日))は江戸時代旗本

下総国関宿藩第2代藩主・美濃国大垣藩初代藩主松平忠良の長男。信濃国小諸藩松平憲良の兄。母は側室。通称は采女。号は意閑。

慶長10年(1605年)、関宿で生まれる。元和9年(1623年)将軍徳川秀忠上洛の際、大垣城で拝謁し、時服五領を賜る。寛永元年(1624年)、父の死去により嫡出子の弟憲良が家督を相続して、小諸藩に転封し、忠利は同国小県郡3000石・佐久郡2000石(祢津知行所)を分知され寄合に列する。

寛永年間、度々江戸城西の丸の石垣や惣堀の普請を承り、延宝6年(1678年)7月10日に致仕した。元禄元年(1688年)に江戸で死去。享年84。法名は日潤。谷中の了完寺に葬られた。子孫は幕末まで旗本として存続する。

参考文献編集