メインメニューを開く

松平 康尚(まつだいら やすなお)は、江戸時代前期の大名下野国那須藩主、伊勢国長島藩の初代藩主官位従五位下佐渡守

 
松平康尚
時代 江戸時代前期
生誕 元和9年6月3日1623年6月30日
死没 元禄9年2月7日1696年3月10日
改名 数馬(幼名)→康尚→全入(法号)
戒名 少林院殿教外全入大居士
墓所 東京都文京区小日向の徳雲寺
官位 従五位下佐渡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉
下野那須藩主→伊勢長島藩
氏族 久松松平家康元
父母 父:松平忠良
兄弟 忠利梅渓院憲良康尚金田房能室、久姫、佐久間勝友正室、土屋某室
正室:永井尚政の娘
忠充良重榊原良兼定員、某、松平綱近正室、植村政行室、酒井忠垠正室ら
テンプレートを表示

生涯編集

元和9年(1623年)6月3日、美濃国大垣藩主・松平忠良の三男として大垣で誕生。父の死後、家督は兄の憲良が継いだが、信濃国小諸藩に移封となり、康尚もそれに従った。ところが正保4年(1647年)8月、憲良は継嗣なくして死去し、小諸藩松平家は無嗣子であるとして改易された。

しかし小諸藩松平家は家康異父弟の名家であったことから、慶安元年(1648年)閏5月に康尚が1万石の那須藩主として家督を継ぐことを許された。慶安2年(1649年)2月28日には伊勢長島藩へ移封される。しかし藩政においては慶安3年(1650年)9月2日に大風雨で100人以上の死者を出し、延宝3年(1675年)には年貢を重くしすぎたために百姓によって幕府に訴えられたり、天和元年(1681年)にも洪水で大被害を受けたりなど、多難を極めている。このため、耕地地割制度を導入するなどして藩政の再建を目指した。

貞享2年(1685年)10月7日、次男・忠充に家督を譲って隠居し、後に全入と号した。元禄9年(1696年)2月7日に死去した。享年74。

系譜編集