メインメニューを開く

松平 浅五郎(まつだいら あさごろう)は、江戸時代中期の大名津山藩松平家の第2代藩主。

 
松平浅五郎
時代 江戸時代中期
生誕 享保元年9月1日1716年10月15日
死没 享保11年11月11日1726年12月4日
戒名 智円
墓所 東京都港区虎ノ門の天徳寺
幕府 江戸幕府
美作津山藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平宣富
母:園池実尚の娘(櫛笥隆賀の養女)
養子:長煕

生涯編集

享保元年(1716年)9月1日、初代藩主松平宣富の長男として生まれる。享保6年(1721年)、父の死去により家督を継ぐが、享保11年(1726年)11月11日に早世した。享年11。

嗣子が無かったため御家断絶、改易となるはずであったが、結城秀康以来の家系が考慮され、緊急措置として従弟の又三郎(初代宣富の弟・知清の三男)を後継ぎとすることが認められ、藩を存続させることができた。しかしいわゆる末期養子であったために、罰則として藩の石高は10万石から5万石に半減された上、幕府における待遇、官位などにおいても以降冷遇されることとなった。

4代後の斉孝はこの境遇に不満を持ち、幕府にかつての10万石への復帰を訴えた上、家格復活を実現させるために、文化14年(1817年)に将軍徳川家斉の十四男・銀之助(後の斉民)を養嗣子として迎えた。これにより、津山藩は5万石を加増され昔の10万石に復帰し、官位などの面でも旧に復することになった。