メインメニューを開く

松平 直温(まつだいら なおより)は、江戸時代後期の大名出雲国母里藩9代藩主。官位従五位下志摩守。直政系越前松平家母里藩分家9代。の読みは「なおはる」とも。

 
松平直温
時代 江戸時代後期
生誕 文政13年3月24日1830年4月16日
死没 安政3年9月21日1856年10月19日
改名 誠之進・敬之進(幼名)→直温
戒名 一鏡院
墓所 東京都港区虎ノ門天徳寺
官位 従五位下志摩守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定
出雲母里藩
氏族 越前松平家支流津山松平家母里松平家
父母 父:松平斉孝、母:中西氏
養父:松平直興
兄弟 慶倫直温定安、睦、従、恂子、
山口弘封正室
養兄弟:斉民
正室:松平直興長女
側室:吉村氏
直哉
テンプレートを表示

略歴編集

文政13年(1830年)3月24日、美作国津山藩7代藩主・松平斉孝の五男として誕生。天保11年(1840年)4月26日、母里藩8代藩主・松平直興の婿養子となる。天保14年(1843年)9月13日、直興が病気により隠居したため家督を継いだ。

安政3年(1856年)9月21日に死去した。享年27。跡を長男・直哉が継いだ。