メインメニューを開く

松永 正敏(まつなが まさとし、嘉永4年6月1日1851年6月29日) - 明治45年(1912年2月18日)は、日本陸軍軍人陸軍中将正三位勲一等功二級男爵。幼名・山平。

松永 正敏
まつなが まさとし
Colonel Matsunaga.PNG
生誕 1851年6月29日
Japanese Crest Hosokawa Kuyou.svg 肥後国山鹿郡中富村分田
(現・熊本県山鹿市鹿本町分田)
死没 (1912-02-18) 1912年2月18日(60歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国朝鮮京畿道京城府
(現・大韓民国ソウル特別市
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1871年 - 1912年
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

熊本藩士、郡吏・松永和吉の二男として山鹿郡中富村に生まれる。明治4年(1871年)、伏見青年学舎を経て伏見教導隊に入る。二等伍長、二等軍曹、権曹長、曹長と昇進し、明治6年(1873年)5月、陸軍少尉に任官し歩兵第19大隊付となる。明治7年(1874年)5月から10月まで台湾出兵に従軍。歩兵第14連隊付、近衛歩兵第2連隊付などを経て、陸軍戸山学校で学んだ。明治10年(1877年)3月から10月まで西南戦争に出征した。

近衛局参謀東部監軍部参謀、歩兵第4連隊大隊長、広島鎮台参謀、監軍部参謀、近衛歩兵第4連隊大隊長、対馬警備隊司令官、広島大本営付等を歴任し、日清戦争には歩兵第2連隊長として出征し、田庄台や営口での戦闘に参加した。第7師団参謀長などを経て、明治33年(1900年)4月、陸軍少将に進級。

日露戦争に歩兵第3旅団長として出征し、鴨緑江会戦から沙河会戦までを戦い、奉天会戦直前に第3軍参謀長に転ずる。明治38年(1905年)3月、会戦後の追撃戦で重傷を受け帰国。留守歩兵第3旅団司令部付を経て、同年10月、陸軍中将となる。明治40年(1907年)9月、男爵を叙爵し華族となる。第3師団長を経て第2師団長となり、朝鮮駐剳中の明治45年(1912年京城にて死去した。

年譜編集

  • 1873年(明治 6年) 9月21日 - 少尉
  • 1876年(明治 9年) 7月15日 - 中尉
  • 1879年(明治12年) 3月29日 - 大尉
  • 1885年(明治18年) 5月27日 - 少佐
  • 1892年(明治25年)11月 1日 - 中佐
  • 1895年(明治28年)
    • 1月14日 - 歩兵第2連隊長
    • 1月18日 - 大佐
  • 1900年(明治33年) 4月25日 - 少将
  • 1905年(明治38年)10月18日 - 第3師団長
  • 1906年(明治39年) 7月 6日 - 第2師団長
  • 1912年(明治45年) 2月18日 - 位一級被進[1]

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第8598号、1912年2月20日。
  2. ^ 『官報』第672号「叙任」1885年9月25日。
  3. ^ 『官報』第2607号「叙任及辞令」1892年3月12日。
  4. ^ 『官報』第6632号「叙任及辞令」1905年8月8日。
  5. ^ 『官報』第8185号「叙任及辞令」1910年10月1日。
  6. ^ 『官報』第3273号「叙任及辞令」1894年5月30日。
  7. ^ 『官報』第3671号「叙任及辞令」1895年9月21日。
  8. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  9. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)
  10. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  11. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)
  12. ^ 『官報』第8331号「叙任及辞令」1911年4月4日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。


軍職
先代:
伊瀬知好成
歩兵第2連隊長
第7代:1895年1月14日 - 1896年9月25日
次代:
田部正壮
先代:
大島義昌
第3師団長
第6代:1905年10月18日 - 1906年7月6日
次代:
大久保春野
先代:
西島助義
第2師団長
第5代:1906年7月6日 - 1912年2月18日
次代:
仁田原重行
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
松永(正敏)家初代
1907年 - 1912年
次代:
松永正雄