メインメニューを開く
田部正壮

田部 正壮(たなべ まさたけ、1849年12月21日嘉永2年11月7日[1] - 1939年昭和14年)9月21日[2])は、日本の陸軍軍人。陸軍中将[3]広島市長。族籍は広島県士族[1][3]

経歴編集

安芸国(現広島県)出身。田部友蔵の長男[1]1872年明治5年)、陸軍歩兵少尉心得に任ぜられる。西南戦争では教導団の引率をつとめた[4]近衛歩兵第4連隊第1大隊長、近衛副官を経て[5]日清戦争時には近衛師団兵站官を務め[6]、後に台湾総督府副官に転じた[7]1896年(明治29年)9月25日、歩兵第2連隊[8]に歩兵中佐で任命され、翌年10月11日に歩兵大佐[9]に昇進した[1]1903年(明治36年)7月2日、少将に昇進[10]日露戦争では第8師団隷下の歩兵第16旅団長として黒溝台会戦に参戦[11]。さらに第3師団に属し歩兵第5旅団長を務め[12]奉天会戦に参戦した[11]。戦後の1907年(明治40年)11月7日に中将に補せられ、同時に後備役編入となった[13]

その後、1917年大正6年)から1921年(大正10年)まで広島市長を務めた。

栄典・授章・授賞編集

家族・親族編集

田部家

広島県広島市段原村[1][22]

  • 父・友蔵(広島県士族)[1]
1863年 -
  • とも(広島県士族・坪井常太郎の妻)[1]
1859年 -
  • 妻・とら(広島県士族・成川峰之進の妹)[1]
1864年 -
  • 男・章一[1]
1883年 -
1888年 -
1897年 -
1898年 -
1899年 -
1900年 -
1902年 -
  • 九男・[3]
1904年 -
  • 女・かう[1]あるいはカウ[3]
1891年 -
  • 女・喜代子[1]
1893年 -

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『人事興信録 初版』た446-447頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月15日閲覧。
  2. ^ 故陸軍中将田部正壮位階追陞ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A11114798100 
  3. ^ a b c d 『人事興信録 第3版』た14頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月6日閲覧。
  4. ^ 3月14日 教導団伍長420名引率の井上大尉他差遣の事 浅井中佐』 アジア歴史資料センター Ref.C09081824300 
  5. ^ 『官報』第2113号、1890年7月16日。
  6. ^ 陸路河川海路輸送の景況』 アジア歴史資料センター Ref.C06060330600 
  7. ^ 27.10.30 台湾田部副官 臨時台湾鉄道隊付技手2名辞令の件』 アジア歴史資料センター Ref.C06061695800 
  8. ^ 『官報』第3976号、明治29年9月28日。
  9. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』38頁。
  10. ^ 『官報』第6000号、明治36年7月3日。
  11. ^ a b 『日本陸軍将官辞典』463頁。
  12. ^ 師団長へ衛生訓示の件』 アジア歴史資料センター Ref.C03026976900 
  13. ^ 『官報』第7310号、明治40年11月8日。
  14. ^ 『官報』第723号「賞勲叙任」1885年11月27日。
  15. ^ 『官報』第2607号「叙任及辞令」1892年3月12日。
  16. ^ 『官報』第5790号「叙任及辞令」1902年10月21日。
  17. ^ 『官報』第7310号「叙任及辞令」1907年11月8日。
  18. ^ 『官報』第1938号「叙任及辞令」1889年12月12日。
  19. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1896年4月23日。
  20. ^ 『官報』第6727号「叙任及辞令」1905年12月1日。
  21. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  22. ^ a b 『日本紳士録 第24版』広島13頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月28日閲覧。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 初版』人事興信所、1903-1911年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1903-1911年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第24版』交詢社、1919年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。


軍職
先代:
松永正敏
歩兵第2連隊
第8代:1896.9.25 - 1903.7.2
次代:
渡辺騏十郎
先代:
木村有恒
歩兵第16旅団長
第?代:1903.7.2 - 1905.1.14
次代:
鎌田宣正
先代:
山口圭蔵
歩兵第5旅団長
第8代:1905.1.14 - 1907?
次代: