メインメニューを開く

松永 義雄(まつなが よしお、1891年明治24年)7月15日 - 1955年昭和30年)4月14日[1])は、日本の弁護士政治家衆議院議員参議院議員

目次

経歴編集

愛知県海部郡立田村(現愛西市)出身[1]1917年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業[1][2]。同年、弁護士を開業[1]1924年日本労働総同盟法律部員に就任し、野田醤油労働争議などの弁護を行う[1]1926年社会民衆党結党に参画[1]。その他、東京市会議員、同参事会員、社会大衆党常任中央執行委員、日本農民組合総同盟主事などを務めた[2]1937年4月、第20回衆議院議員総選挙で埼玉県第一区に社会大衆党所属で出馬し初当選した[1][2]

戦後、日本社会党結党に参画し、中央執行委員、党統制委員長、埼玉県連会長などを務めた[1][2]

1946年4月、第22回総選挙に埼玉県選挙区から出馬し当選。次の第23回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算三期務めた[2]。その後、参議院に転じ、1950年6月、第2回参議院議員通常選挙埼玉県選挙区から出馬し当選し、在任中に死去した[3]国会議員在職中は、衆議院司法委員長、芦田内閣法務政務次官、参議院補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員長などを歴任した[2][3]

著作編集

  • 『商業信用状論』巌松堂書店、1923年。
  • 『英国労働組合法論』世界文献刊行会、1926年。
  • 『国家財政論』クララ社、1929年。
  • 『地方財政論』クララ社、1929年。
  • 『労働組合法とは何ぞや』邦光堂、1930年。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』578頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』601-602頁。
  3. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』411頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056