メインメニューを開く

松沢 哲郎(まつざわ てつろう、1950年10月15日 - )は日本の動物心理学者・霊長類学者。京都大学教授中部学院大学客員教授。理学博士(京都大学)。愛媛県生まれ。

略歴編集

学歴編集

職歴編集

  • 1976年12月 京都大学霊長類研究所助手(心理研究部門(1993年4月 行動神経研究部門認知学習分野に改組))
  • 1987年9月 京都大学霊長類研究所助教授(心理研究部門(1993年4月 行動神経研究部門認知学習分野に改組))
  • 1993年9月 京都大学霊長類研究所教授(行動神経研究部門思考言語分野)
  • 2006年4月 京都大学霊長類研究所所長
  • 2014年4月 日本モンキーセンター所長(教授と兼任)
  • 2016年4月 京都大学高等研究院特別教授

研究活動編集

同研究所で飼育されているアイたちチンパンジーに言葉を教えるプロジェクト(アイ・プロジェクト)などで知られ、現在はアイの子どもアユムとともに、チンパンジーでの世代間の文化伝達などを研究している。ギニアのボッソウ村付近に生息する野生チンパンジーの生態調査も並行して行っている。

受賞歴・叙勲歴編集

著書編集

  • 『ことばをおぼえたチンパンジー』薮内正幸絵 たくさんのふしぎ傑作集 福音館書店 1985
  • 『チンパンジーから見た世界』認知科学選書 東京大学出版会 1991
  • 『チンパンジー・マインド 心と認識の世界』岩波書店 1991 「チンパンジーの心」岩波現代文庫
  • 『チンパンジーはちんぱんじん アイとアフリカのなかまたち』岩波ジュニア新書 1995
  • 『おかあさんになったアイ』講談社 2001 のち学術文庫
  • 『進化の隣人チンパンジー』NHK人間講座 日本放送出版協会 2002
  • 『アイとアユム: 母と子の700日』講談社 2002 のち+α文庫
  • 『進化の隣人ヒトとチンパンジー』岩波新書 2002
  • 『想像するちから: チンパンジーが教えてくれた人間の心』岩波書店 2011

共編著編集

翻訳編集

論文編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 中日文化賞:第51回-第60回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月19日閲覧。

外部リンク編集