メインメニューを開く

正親町三条実同(おおぎまちさんじょう さねとも)は、江戸時代中期の公卿。最終官位従二位参議

 
正親町三条実同
時代 江戸時代中期
生誕 寛延元年9月3日1748年9月25日
死没 天明5年1月15日1785年2月23日
官位 従二位参議
主君 後桃園天皇光格天皇
氏族 正親町三条家
父母 父:正親町三条公積、母:三条西公福の娘
兄弟 実同実章周子
公則、綱子、安子
テンプレートを表示

実同の孫である柳原隆光正親町三条富子は夫婦であり大正天皇の曾祖父母である。

経歴編集

寛延3年(1750年)に叙爵。以降累進して、侍従右近衛権少将右近衛権中将をへて、明和6年(1769年)に従三位参議となり、公卿に列する。明和8年(1771年)に一度辞したが、安永8年(1779年)には参議に再任。さらに左近衛権中将を兼務し、踏歌節会外弁をつとめたが、天明5年(1785年)に薨去。享年38。

系譜編集

関連項目編集