メインメニューを開く

松田 巌(まつだ いわお、1895年明治28年)2月23日[1] - 1979年昭和54年)3月26日[1])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

松田 巌
生誕 1895年2月23日
日本の旗 日本 石川県
死没 (1979-03-26) 1979年3月26日(84歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1916 - 1945
最終階級  陸軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

石川県出身[1][2]1916年大正5年)5月、陸軍士官学校(28期)を卒業[1][3]。同年12月、歩兵少尉に任官[3]1924年(大正13年)11月、陸軍大学校(36期)を卒業して後に陸軍運輸部に配属された[1][2][4]1926年(大正15年)3月、大尉に昇進[要出典]1932年昭和7年)2月、陸軍歩兵学校教官兼野戦砲兵学校の研究部部員を経て[要出典]、同年4月、少佐に昇進した[要出典]1933年(昭和8年)8月、陸軍習志野学校教官に就任[要出典]1936年(昭和11年)8月、中佐に進級し第19師団参謀を務めた[要出典]

1938年(昭和13年)7月、歩兵大佐に昇進し歩兵第86連隊長に就任し日中戦争に出征[1][2]杭州に駐屯した[1]第110師団参謀長を経て[1]1940年(昭和15年)12月、陸軍公主嶺学校教官に異動[2]1941年(昭和16年)10月、第23師団参謀長となり太平洋戦争を迎えた[1][2]1942年(昭和17年)8月、陸軍少将に進級し、同年9月、第14歩兵団長に就任[1][2]1943年(昭和18年)2月、第4船舶団長(船舶司令部)に移り、ニューブリテン島に出征した[1][2]。同年10月、第65旅団長に就任し[2]ツルブの戦いの指揮を執る[1]。のちに転進しラバウルの守備を担った[1]

1945年(昭和20年)4月、陸軍中将に進み終戦を迎えた[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『日本陸軍将官辞典』678頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』394頁。
  3. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』388、394頁。
  4. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版、576頁。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。