メインメニューを開く

板倉北川辺バイパス(いたくらきたかわべバイパス)は、群馬県邑楽郡板倉町大字海老瀬から埼玉県加須市柏戸に至る国道354号バイパスである。延長4.6km。

一般国道
国道354号標識
板倉北川辺バイパス
国道354号バイパス
路線延長 約 4.6 km
開通年 2018年
起点 群馬県邑楽郡板倉町大字海老瀬
終点 埼玉県加須市柏戸
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
板倉北川辺・新三国橋バイパス
RP2
館林方面
RP2enRP2 RP2q RP2+r STR+l
東武日光線
RP2xRP2 RP2q RP2wRP2 STR
県道367号
RP2oW WASSERq RP2oW hKRZWae
谷田川
RP2xRP2 RP2q RP2xRP2
県道415号柳生駅
RP2 STR+l
県道9号
STR RP2 RP2
板倉北川辺バイパス
RP2xRP2 SKRZ-G2hl RP2uhRP2e RP2wRP2
柏戸陸橋、柏戸(遊水地)交差点
STR RP2 RP2
新三国橋バイパス
RP2 STR RP2l RP2wRP2
柏戸交差点
RP2 BHF RP2+l RP2rf
新古河駅
RP2 STR RP2eRP2 RP2+r
三国橋交差点
SKRZ-G2hrq STRr
RP2
県道368号
hRP2oRP2 RP2q
RP2oW
三国橋、渡良瀬川
hRP2oWe WASSERq WASSERr RP2
新三国橋
RP2eRP2 RP2q RP2q RP2rf
RP2
古河方面
群馬県板倉町五箇付近

2018年(平成30年)3月24日に開通した[1]

目次

路線データ編集

  • 起点:群馬県邑楽郡板倉町大字海老瀬
  • 終点:埼玉県加須市柏戸
  • 全長:約4.6km
  • 道路幅員:11.25m(群馬県区間)
  • 車線幅員:3.25m(群馬県区間)
  • 車線数:2車線(群馬県区間)

概要編集

 
埼玉県加須市柳生付近

国道354号は群馬県高崎市高崎駅から東毛地域、埼玉県北部(一部)、茨城県南部を経由して茨城県鉾田市太平洋にぶつかる広域幹線道路である。館林市つくば市など主要な都市を結ぶほか、関越自動車道東北自動車道常磐自動車道と接続する事で高速道路を補完する役割に担っており、それ故大型車なども頻繁に行き交う。

そのため群馬県では高崎市から板倉町までの区間を東毛広域幹線道路として供用し、茨城県側でも境岩井バイパス岩井バイパス等の整備が進んでいる。一方で群馬県板倉町から茨城県古河市までの区間は歩道も無い狭隘区間が続き、途中に東武日光線踏切があるなど幹線道路とは言い難い状況である。こうした状況を解消し、三国橋や古河市街地の混雑緩和のため先に建設された新三国橋と一体となって、群馬-埼玉-茨城県境区間の安定的な交通確保のために計画されたのが、板倉北川辺バイパスである。

ルートは国道354号現道と県道海老瀬飯野線との交点である小保呂交差点を起点とし、谷田川・大箇野川を越えて埼玉県加須市(旧北川辺町)の柏戸(中)交差点で国道354号および県道加須北川辺線に再び接続する[2]。全長約4.5kmのうち群馬県区間が約2.6km[3]、埼玉県区間が約2.0kmとなる[4]

当バイパスの開通によって新三国橋から群馬県方面へ一直線に結ばれることになった。案内標識上では三国橋方面から館林市方面へ向かう際はこの路線を経由し、バイパス利用を促している。なお、旧道区間はバイパス開通後、2018年4月27日をもって群馬県内と三国橋から鴻巣西交差点までの区間を除く大半の埼玉県の区間で国道354号としての指定が解除された[5][6][7]

沿革編集

この区間の道路改良を求める声は古くからあり、2001年12月に旧北川辺町、板倉町において県境を跨いだ「国道354号板倉・北川辺バイパス整備促進協議会」を設立して両自治体の首長を筆頭に国や県に要望活動を続けているほか[8]、それぞれの区間で事業を担当する群馬県と埼玉県も「国道354県・埼玉県境部未整備区間ルート検討協議会」を設立し、ルートや整備スケジュール等の協議を重ねた[9]

その結果、群馬県側では2011年度より事業着手して測量・設計を行い、翌12年度以降は詳細設計や用地買収にも着手しており、群馬県区間の2017年度の供用開始を目指していた[3]。一方の埼玉県側では、ルート選定に際し群馬県側に直線的にアクセスするルートと、北川辺領地区で予定される土地改良事業との整合や既存道路の有効活用を考慮して南側に迂回するルートの2つのルートを選定し、費用便益など経済性の勘案して南側に迂回するルートを選定した[10]。2012年度に用地測量に、2013年度から用地買収に着手しており[11]、今後も群馬県と歩調を合わせながら2016年度内の接続に向け事業が進められる予定となっていた[8]

最終的には、2018年3月24日に、群馬県区間・埼玉県区間共に全区間一斉に開通することとなった[1]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 国道354号板倉北川辺バイパスが開通します 平成30年3月24日(土曜日)15時供用開始”. 埼玉県 (2018年1月30日). 2018年1月30日閲覧。
  2. ^ “【群馬】県館林土木が(仮称)板倉北川辺バイパスの新設計画”. 日本工業経済新聞(群馬) (日本工業経済新聞新聞社). (2013年9月18日) 
  3. ^ a b 館林土木道路事業 進捗状況報告書 -国道354号板倉北川辺バイパス バイパス事業-(群馬県) (PDF, 427.74 KiB)
  4. ^ 群馬埼玉地域における広域的産業・物流活性化 -社会資本総合整備計画(広域連携事業)-(埼玉県) (PDF, 1.36 MiB)
  5. ^ ”群馬県告示第90号”、群馬県報第9585号 (PDF)
  6. ^ ”埼玉県行田県土整備事務所長告示第二号”、埼玉県報第2987号 (PDF)
  7. ^ ”埼玉県行田県土整備事務所長告示第五号”、埼玉県報第2997号 (PDF)
  8. ^ a b “町長の思うこと -平成26年8月8日 国道354号板倉・北川辺バイパス整備促進協議会総会-”. 板倉町ホームページ (板倉町). (2014年9月5日). http://www.town.itakura.gunma.jp/cont/s001000/20140904152605.html 
  9. ^ “平成19年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 -北埼玉地域の道路整備について-”. 埼玉県庁ホームページ (埼玉県). http://www.pref.saitama.lg.jp/s-gikai/gaiyou/h1906/1906g062.html 
  10. ^ “平成20年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 -国道354号バイパスの今後の取組について-”. 埼玉県庁ホームページ (埼玉県). http://www.pref.saitama.lg.jp/s-gikai/gaiyou/h2009/2009j071.html 
  11. ^ “平成25年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 -国道354号バイパスの整備について-”. 埼玉県庁ホームページ (埼玉県). (2013年10月17日). http://www.pref.saitama.lg.jp/page/gikai-gaiyou-h2509-m083.html 

関連項目編集

外部リンク編集