メインメニューを開く

板東順司

板東 順司(ばんどう じゅんじ)は、徳島県出身の元プロ野球投手。右投右打。背番号51

板東 順司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県板野郡板野町川端
生年月日 (1949-09-29) 1949年9月29日(69歳)
身長
体重
182 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト5位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

鳴門高校では2年生の時、1年上のエース森進(三井造船)の控え投手として夏の甲子園に出場。1回戦は森が修徳高を完封、しかし2回戦では小倉工斎藤英雄横山晴久らの継投に抑えられ惜敗[1]。この試合でリリーフに立ち甲子園初登板。翌1967年夏の甲子園県予選は準々決勝で私神港に敗退。

同年のドラフト5位で巨人に入団。担当スカウトは伊藤菊雄。1年目からファームで結果を残し2年目のドジャースキャンプ派遣の椅子を山内新一と争うが肘の故障で参加できず。一軍の打撃投手を手伝った際に変化球を多投したのが原因。その後故障が完治せず、3年目のシーズン終了後、自ら退団を申し出る。

退団後はプロゴルファー杉本英世の門を叩きアシスタントプロを務め、昭和54年5回目の挑戦でプロテスト合格し名前を純司と改名。

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 51 (1968年 - 1970年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

出典編集

  • 『江川になれなかった男たち-ドラフト外伝』・三一書房・岡邦行1983年、57~75ページ

関連項目編集