メインメニューを開く

杉本 英世(すぎもと ひでよ[注 1]1938年2月16日 - )は、静岡県田方郡小室村(現・伊東市)出身のプロゴルファー

No image.svg 杉本 英世 Golf pictogram.svg
Hideyo Sugimoto
基本情報
名前 杉本 英世
生年月日 (1938-02-16) 1938年2月16日(81歳)
出身地 静岡県田方郡小室村
経歴
殿堂表彰者
選出年 2015年
選出部門 レジェンド
2015年12月14日現在
テンプレートを表示

人物編集

父は伊東湾から大島の間を漁場としていた漁師で、イカ釣りやキンメダイ漁で生計を立てていた。杉本も5歳から海に入り、水の怖さを教えられた後は、魚をで突くのが日課になる。中学生の頃にはブダイイセエビをバケツ一杯に捕ったほか、サザエアワビも食べて育った。3日置きに風呂の水を汲みに行く仕事もあり、天秤棒に通した2つの水桶を担いで、高低差300メートルの急斜面を3往復した。川奈ホテルGCでキャディのアルバイトも始め、伊東高校時代は並外れた体格であらゆるスポーツを手掛ける。ソフトボールでは80メートルもかっ飛ばし、リレー走では5人抜きを演じ、柔道は始めて8ヶ月で黒帯を取得。野球は当時毎日オリオンズ選手兼任監督であった別当薫からプロ入りを勧められるほどであったが、卒業後は川奈ホテルに就職。ホテル業の研修を受けながらプロゴルファーを目指し、1959年にテスト合格。1964年日本オープンで初優勝を飾ると、1965年から1967年にかけて3年連続でワールドカップ日本代表に選出され、9年ぶり2度目の日本開催となった1966年には個人2位と健闘。1967年にはマスターズ出場も果たすが、同年11月ハワイアンオープンを寝坊による遅刻で失格。日本プロゴルフ協会から国内試合の1年間出場禁止を言い渡されるが、困った杉本は米国PGAツアーのプロテストを受けて見事合格し、日本人プロ初の米国ツアーライセンスを取得。米国ツアー挑戦の先駆けとなり、単身参戦で英語辞書を片手に1年間全米を駆け巡る。オービル・ムーディチチ・ロドリゲスリー・トレビノが行動を手助けし、17試合に出場して9試合で予選通過。テネシーオープンで2位に食い込み、『ビッグ・スギ』の愛称が付いた。北海道勇払郡むかわ町にはその愛称を冠し、杉本自身がコース監修を行った「ビッグスギゴルフ倶楽部」[1]があったが、2018年9月北海道胆振東部地震でコース全体が被害を受け、その改修費用の確保が難しいとして2019年5月末をもって閉鎖されることになった[2]全米オープンにも出場。帰国した1969年には5年ぶり2度目の日本オープンを始め、年間7勝と当時としては驚異的な記録を残した。同時代に活躍した河野高明安田春雄と共に「和製ビッグ3」とも称された。2015年12月14日、第4回日本プロゴルフ殿堂のレジェンド部門で殿堂入り[3]

出演番組編集

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ただし、朝日放送(ABC)制作の『ラークカップゴルフ』(現・マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント)および富山エフエム放送(FMとやま)の『杉本英世のゴルフクリニック』では「すぎもと えいせい」で紹介されている。

出典編集

  1. ^ 「龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部」に改称
  2. ^ “地震被害、ゴルフ場閉鎖へ むかわ「龍の舞」 復旧費確保難しく”. どうしん電子版. 北海道新聞社. (2019年5月21日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/307052 2019年5月22日閲覧。 
  3. ^ 杉本英世氏、大迫たつ子氏らが日本プロゴルフ殿堂入り - スポニチアネックス、2015年12月14日閲覧

外部リンク編集