板橋 興宗 (いたばし こうしゅう 1927年 - )は、宮城県多賀城市出身の日本曹洞宗僧侶。大本山總持寺元貫首(独住23世、閑月即眞禅師)、元曹洞宗管長。前總持寺祖院住職。元大乗寺山主。御誕生寺住職

目次

略歴編集

1927年(昭和2年)、宮城県多賀城市の農家の長男に生まれる。海軍による買い上げに遭い、塩竈市に移住。旧制仙台第一中学校を経て昭和19年に海軍兵学校76期舞鶴分校機関科に入校。敗戦後、栄養失調により肋膜炎で入院。退院後、仙台工業専門学校に入るも退学し、昭和24年に新制東北大学文学部宗教学科に第1期生として進学、石津照璽に師事。

出家後編集

在学中に同級生の片野達郎(後に、同大名誉教授)の勧めで仙台市輪王寺に下宿した縁で、卒業直後の1953年渡辺玄宗禅師に師事して出家し、總持寺で修行する。後に浜松井上義衍に参学するも、師に呼び戻されて再び總持寺祖院に移った渡辺玄宗のもとで修行に励み、その一番弟子の松本龍潭に嗣法。師の大乗寺赴任に同行する。

昭和37年、瑞洞院住職に就任。昭和45年に今村源宗を最初の弟子に取り、以降100人近くの弟子を取る。總持寺講師、次いで単頭に任じられ、続いて昭和55年に總持寺祖院副監院後堂に任じられる。さらに昭和56年に大乗寺山主に就任し、「椅子坐禅」を提唱して普及に努めた。

平成9年に總持寺副貫首に選出され、翌平成10年に總持寺貫首、曹洞宗管長となる。

總持寺貫首を4年9か月、道元大遠忌で引退した後、總持寺祖院住職になり、2002年(平成14年)に越前市宇野酸素の支援により、御誕生寺を復興して住職となる。平成21年7月に専門僧堂の認可を受ける。

著書編集

  • 『良寛さんと道元禅師』(光雲社、1986年)
  • 『「心豊かに」生きる知恵』(産能大学出版部、1991年)
  • 『人生は河の流れのごとく』(PHP研究所、1994年)
  • 『興宗和尚の人世問答』(北国新聞社、1995年)
  • 『タンポポや人に踏まれて笑い顔』(北国新聞社、1997年)
  • 『むだを堂々とやる!-禅の極意』(光雲社、1999年)
  • 『〈いのち〉をほほ笑む』(春秋社、2002年)
  • 『混沌に息づく』(春秋社、2004年)
  • 『坐りませんか。』(PHP研究所、2005年)
  • 『猫は悩まない』(時鐘舎、2006年)
  • 『〈いのち〉の呼吸』(春秋社、2008年)
  • 『ありがとさん』(サンガ、2009年)
  • 『息身佛 そくしんぶつ ただ、息をする。ただ、生きる。』(角川書店、2011年)
  • 『柔らかな心で』(北国新聞社、2012年)
  • 『猫のように生きる』(二玄社、2013年)
  • 『足の裏で歩む - 板橋興宗米寿記念随想』(北国新聞社、2014年)
  • 『あたりまえでいい』(佼成出版社、2015年)

共著編集

論文・記事等編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

参考文献編集

  • 『われ、ただ足るを知る』(有田秀穂との共著、佼成出版社、2008年)

外部リンク編集